【今週の1枚】奥高尾から望む冬の丹沢

先週は、奥高尾・紅葉台から見た元旦の富士山を紹介しましたが、今週は同じ場所から見た丹沢(たんざわ)山塊です。やはり元旦に撮った写真ですが、撮影した年は違います。

丹沢山塊は、神奈川県の北西部に広がる山々の総称。主峰は丹沢山(たんざわさん)で日本百名山にも選ばれています。

しかし深田久弥は、「日本百名山の一つに丹沢山を取り上げたのは、個々の峰ではなく、(丹沢山塊)全体としての立派さからである」としています。実際、丹沢山はあまり目立ちません。山頂からの展望もイマイチです。

一方、最高峰の蛭ヶ岳(ひるがたけ)は展望が良くて何度も行きたくなります。あるいは、丹沢の南部にある塔ノ岳(とうのたけ)も展望が素晴らしい山です。そして、塔ノ岳から蛭ヶ岳へ縦走すると、途中で丹沢山を通過するといった位置関係になっています。

ただし、丹沢山塊を縦走する場合、普通は山中で一泊する必要があります。丹沢には通年営業の山小屋もあるので、冬でも登山を楽めます。とはいえ、冬は雪山装備が必要です。

丹沢や奥多摩など関東南部の山は、山頂部まで木があるし、何メートルもの積雪になることはありません。そもそも関東南部では、冬は乾燥した晴天が続きます。

しかし、ときどき冷たい雨が降り、ときには東京でも雪になります。そんなとき、丹沢や奥多摩の山々では雪が積もり、その雪は冬の間はあまり融けません。

そのため、山肌や登山道には雪があるのですが、冬枯れの木々があるため北アルプスのような真っ白な雪山ではない、そんな景色になります。

改めて今週の写真を見てもらうと、山の地肌は雪で白くなっていますが、尾根ごとに黒い筋が見えます。黒く見えるのが冬枯れした木々ですね。

丹沢は、近場でアイゼンを履いて歩くには絶好のゲレンデだと思います。なんて書いていますが、私は冬の奥多摩には何度か行っているのですが、冬の丹沢縦走はまだ実現していません。高尾山から眺めては「早く行きたいなぁ」と思いを馳せています。

冬の丹沢へ行かれる方は、くれぐれも冬山装備を忘れないでください。

撮影場所:奥高尾・紅葉台
撮影日:2004/1/1

奥高尾・紅葉台へ行くのに最適な地図は、
「山と高原地図」2022年版 28.高尾・陣馬
丹沢へ行くのに最適な地図は、
「山と高原地図」2022年版 29.丹沢

奥高尾から望む元旦の富士【今週の1枚】奥高尾から望む元旦の富士

母子島遊水地から見た筑波山【今週の1枚】逆さ筑波山と朝日の絶景

関連記事

  1. 北八ヶ岳・中山峠の御来光

    【今週の1枚】早春の北八ヶ岳・中山峠で御来光

    2020年3月の終わり、北八ヶ岳の天狗岳に行きました。渋の湯の駐車場(有料…

  2. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  3. 朝日に染まった剱岳

    【今週の1枚】モルゲンロートの剱岳・別山・真砂岳…

    今回の写真は、朝日を受けて赤く染まった剱岳です。立山の主峰・雄山の山頂から…

  4. ダイヤモンド富士@高尾山

    【今週の1枚】ダイヤモンド富士@高尾山

    今や、絶景写真の定番ともいえる"ダイヤモンド富士"。今回は、高尾山の山頂で…

  5. 山開き直前の富士山五合目

    【今週の1枚】山開き直前の富士山五合目

    富士山に登りたいという人は多いですが、富士山はいつでも登れるわけではありま…

  6. 水滴に写る夏空の絶景

    【今週の1枚】水滴に写る夏空の絶景

    今回は、「森の中の小さな絶景 その2」です。撮影場所は、大菩薩嶺(だいぼさ…

  7. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  8. 落葉が彩る晩秋の渓流

    【今週の1枚】落葉が彩る晩秋の渓流

    山の秋といえば紅葉。ですが、その表現にはいろいろな方法があります。今回の1…

おすすめ記事

  1. 大山タイトル写真1
  2. 蔵王山タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP