【今週の1枚】奥高尾から望む元旦の富士

このサイト『絶景360』の高尾山の記事にも書いているように、高尾山の山頂から富士山が見えます。冬至のころには、夕陽のダイヤモンド富士を見ることもできます。

ただ、山頂広場の展望台は、たいてい混雑しています。そこでお勧めなのが、山頂から少し奥高尾の方へ行ったところにある紅葉台(もみじだい)です。

山頂広場西側の展望台から右へ行くと、その先に階段があります。それを下りて少し登り返すと紅葉台に着きます。帰りは巻き道(山頂部を迂回する道)を使うと階段を上がらずにすみます。

紅葉台にはベンチがあって絶好の休憩スポットなのですが、その割に人が少なくて個人的にとても気に入っている場所です。高尾山へ行ったときは、混雑する山頂を避けて、たいていここで休憩したり昼食を食べたりします。

そして、ここからも富士山がよく見えます。アングル的には山頂広場西端の展望台と同じような感じで、丹沢山塊の北西部にある大室山と道志山塊との間に富士山が頭を出しています。富士山の左側にある三角形の山が大室山です。

手前(右下あたり)には相模湖があるのですが、ここからは見ることができません。ただ、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの観覧車が見えています。

私にとって高尾山は地元の山。これまで何十回も登ってきました。そして、山頂からも紅葉台からも何度も富士山を見ています。しかし、雲に隠れて見えない日も多いです。朝方は見えていても、午後はたいてい見えなくなります。

そんな状況なのですが、この写真を撮った2022年1月1日の朝は過去最高の鮮やかさで富士山が輝いていました。山頂部の雪が神々しく白く光っていて、「いい、お正月だなぁ」と思ったことを覚えています。

遠くから富士山を眺めるなら、冬の午前中が狙い目です。特に太平洋側に雨が降った後だと、富士山は真新しい雪をかぶってより白く輝いて見えます。

撮影場所:奥高尾・紅葉台
撮影日:2022/1/1

この場所へ行くのに最適な地図は、

「山と高原地図」2022年版 28.高尾・陣馬

ダイヤモンド富士@竜ヶ岳【今週の1枚】ダイヤモンド富士@竜ヶ岳

冬の丹沢山塊【今週の1枚】奥高尾から望む冬の丹沢

関連記事

  1. 北八ヶ岳・中山峠の御来光

    【今週の1枚】早春の北八ヶ岳・中山峠で御来光

    2020年3月の終わり、北八ヶ岳の天狗岳に行きました。渋の湯の駐車場(有料…

  2. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  3. 朝日に染まった剱岳

    【今週の1枚】モルゲンロートの剱岳・別山・真砂岳…

    今回の写真は、朝日を受けて赤く染まった剱岳です。立山の主峰・雄山の山頂から…

  4. ダイヤモンド富士@高尾山

    【今週の1枚】ダイヤモンド富士@高尾山

    今や、絶景写真の定番ともいえる"ダイヤモンド富士"。今回は、高尾山の山頂で…

  5. 山開き直前の富士山五合目

    【今週の1枚】山開き直前の富士山五合目

    富士山に登りたいという人は多いですが、富士山はいつでも登れるわけではありま…

  6. 水滴に写る夏空の絶景

    【今週の1枚】水滴に写る夏空の絶景

    今回は、「森の中の小さな絶景 その2」です。撮影場所は、大菩薩嶺(だいぼさ…

  7. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  8. 落葉が彩る晩秋の渓流

    【今週の1枚】落葉が彩る晩秋の渓流

    山の秋といえば紅葉。ですが、その表現にはいろいろな方法があります。今回の1…

おすすめ記事

  1. 大山タイトル写真1
  2. 蔵王山タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP