【今週の1枚】アーベントロートの丹沢山塊

山が朝日を受けて赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)といいます。本来はドイツ語で「夜明け」という意味だそうですが、山では一般に「朝焼け」といった意味になっています。

これに対して、夕陽を受けて山が赤く染まるのをアーベントロート(Abendrot)といいます。今回の一枚は、夕陽に染まり始めた丹沢の山々です。

いわゆる丹沢には複数の頂があって、それらを総称して丹沢山塊といいます。主峰は丹沢山(たんざわさん)ですが、最高峰は蛭ヶ岳(ひるがたけ)です。

この写真は蛭ヶ岳の山頂で撮りました。写真の中で、左側に見えているのが丹沢山です。雲の下にある少し尖った山は、塔ノ岳といってこれも主要なピークのひとつです。

東京郊外に住む私にとって、丹沢は比較的近い山。夏山から紅葉の時期は遠方の山へ行くことが多いため、近場の丹沢へ行くのは晩秋になりがちです。

この写真を撮ったのも11月中旬でした。里は紅葉シーズンですが、標高1500mを超える山の上はすっかり冬枯れの様相です。実際、朝晩はダウンジャケットが欲しいほど寒いです。

しかし、この時期は空気が澄んで、朝夕の光の美しさは格別です。また、塔ノ岳や蛭ヶ岳の山頂から見る富士山も絶品です。

今回の1枚も、夕陽を受けて陰影を濃くした丹沢の山並、地平線に沿って広がるビーナスベルト、夕陽に染まりはじめた雲、これらが織りなす静かな一体感が、得も言われぬ世界観を醸しています。まるで、シュルレアリスムの絵画を見ているような感動を覚えませんか(まさに自画自賛w)。

この写真の撮影に使用したカメラはキヤノンの PowerShot G7X Mark II です。いわゆるコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)ですが、コンデジにしてはやや重くて高価です。

しかし私は、このカメラを使うようになって、特に朝夕は奇跡のようなショットを撮らせてもらえる機会が増えました。以前と同じように撮っているのに、カメラが深みのある感動的な画像を創ってくれるのです。

そのまま撮っても美しい写真を得られますが、露出補正や絞り優先、シャッター速度優先といった一眼カメラ並みの機能も簡単な操作で使うことができます。逆にいうと、できないのはレンズ交換くらい。山用のカメラを検討している人にお勧めの逸品です。

Amazonの PowerShot G7X Mark II のページへ。
現行版は、映像エンジン等が進化したPowerShot G7X Mark III です。

撮影場所:丹沢・蛭ヶ岳の山頂
撮影日:2018/11/15


大山タイトル写真1【大山】伯耆富士の稜線で日本海に飛び込むような絶景

奥多摩の紅葉【今週の1枚】晩秋を彩る奥多摩の紅葉

関連記事

  1. 冬晴れの田貫湖

    【今週の1枚】冬晴れの田貫湖

    田貫湖(たぬきこ)は、富士山の西側にある小さな湖です。この名前を聞…

  2. 蓼科山の雪原

    【今週の1枚】春近き、蓼科山の雪原

    八ヶ岳連峰の北に位置する蓼科山。南西から見ると均整がとれた姿が美しく、諏訪…

  3. 冬の丹沢山塊

    【今週の1枚】奥高尾から望む冬の丹沢

    先週は、奥高尾・紅葉台から見た元旦の富士山を紹介しましたが、今週は同じ場所…

  4. 朝日に染まった剱岳

    【今週の1枚】モルゲンロートの剱岳・別山・真砂岳…

    今回の写真は、朝日を受けて赤く染まった剱岳です。立山の主峰・雄山の山頂から…

  5. 木の幹に宿る小さな絶景

    【今週の1枚】木の幹に宿る小さな絶景

    今回は、木の幹に宿る小さな絶景の写真です。このような景色を絶景とい…

  6. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  7. 北八ヶ岳・中山峠の御来光

    【今週の1枚】早春の北八ヶ岳・中山峠で御来光

    2020年3月の終わり、北八ヶ岳の天狗岳に行きました。渋の湯の駐車場(有料…

  8. ダイヤモンド富士@高尾山

    【今週の1枚】ダイヤモンド富士@高尾山

    今や、絶景写真の定番ともいえる"ダイヤモンド富士"。今回は、高尾山の山頂で…

おすすめ記事

  1. 天狗岳タイトル写真3
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP