【今週の1枚】逆さ筑波山と朝日の絶景

今回は、茨城県の筑波山です。標高は876mと低いですが、歴史ある名山として日本百名山にも選ばれています。

筑波山は、関東平野の北部にあって周囲に高い山がないため、さまざまな場所から見ることができます。空気が澄んでいると、東京・八王子の高尾山中腹にある稲荷山からも見えることがあります。

そんな筑波山の撮影スポットとして人気となっているのが母子島(はこじま)遊水地です。母子島遊水地は筑波山の西側にある人工的な池で、池自体は特に珍しいものではありません。

ただ、風がないときは水面に筑波山が映ります。また、筑波山から朝日が昇る景色を見ることができます。特に、2月と10月には、筑波山の山頂に朝日が輝くダイヤモンド筑波山が見られます。さらに、それが母子島遊水地に写るとダブルダイヤモンド筑波山になります。

筑波山は、男体山と女体山の双耳峰で、南北から見ると意外に横長の山です。しかし、この場所からは2つの山頂がほぼ重なって、鋭く天を指すような姿を見られるのも撮影スポットとして人気が高い理由かもしれません。

さて、私が母子島遊水地を訪れたのは1月中旬の早朝でした。ここで御来光を撮ってから、初詣を兼ねて筑波山に登りました。冬の関東は晴天が続くのですが、さらに念のため天気予報を確認していったこともあって見事な晴天に恵まれました。

そして撮ったのが、今回の1枚です。

このとき、真冬の朝にもかかわらず地元の常連さんが何人も来ていました。そして、撮影後に話を聞くと「今日は雲がないからダメだ」と言います。

確かに、この場所で撮った写真は無数にあります。そして、なかでも特に目を惹く写真は、絵になる雲が出ていて、そこに朝日があたって赤くなっていたりしてドラマチックな景色になっています。

そうした写真を撮るには、偶然そういう条件に恵まれるまで何度も通うしかありません。とはいえ、初めて行って、これくらいの写真が撮れたのは幸運だったと思います。

ちなみに、筑波山に登ってから、夕方もう一度、この場所に来たのですが、母子島遊水地から見る夕方の筑波山もなかなかでした。

撮影場所:母子島遊水地
撮影日:2020/1/20

この場所へ行くのに最適な地図は、
「山と高原地図」2022年版 20.赤城・皇海・筑波 榛名山

冬の丹沢山塊【今週の1枚】奥高尾から望む冬の丹沢

関連記事

  1. 川乗林道の春景色

    【今週の1枚】奥多摩の山笑う

    東京西部の奥多摩には、人気の山がたくさんあります。この写真は、そんな山のひ…

  2. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  3. 奥多摩湖の夜明け、印象的な朝日

    【今週の1枚】奥多摩湖の夜明け、印象的な朝日

    JR青梅線の終点・奥多摩駅から国道411号線を山梨方向へ走ると、やがて正面…

  4. 雲取山の山頂でブルーモーメント

    【今週の1枚】雲取山、夜明け前、青い朝

    この写真は、雲取山の山頂で出会ったブルーモーメントの瞬間です。山の…

  5. 落葉が彩る晩秋の渓流

    【今週の1枚】落葉が彩る晩秋の渓流

    山の秋といえば紅葉。ですが、その表現にはいろいろな方法があります。今回の1…

  6. 三ツ峠山から見た夜明け前の富士山

    【今週の1枚】黎明の富士

    今回は、山梨県の三ツ峠(みつとうげ)山から見た夜明け前の富士山です。…

  7. 真っ赤に紅葉した涸沢のナナカマド

    【今週の1枚】世界一の紅葉@涸沢

    世界で最も紅葉が美しい場所といわれるのが、北アルプスの涸沢です。私…

  8. アーベントロートの丹沢山塊

    【今週の1枚】アーベントロートの丹沢山塊

    山が朝日を受けて赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)といい…

おすすめ記事

  1. 大山タイトル写真1
  2. 蔵王山タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP