【今週の1枚】モルゲンロートの剱岳・別山・真砂岳

今回の写真は、朝日を受けて赤く染まった剱岳です。立山の主峰・雄山の山頂から撮りました。

朝日を受けて山が赤く染まった様子をモルゲンロート(Morgenrot)といいます。本来はドイツ語で「夜明け」という意味だそうですが、山では一般に「朝焼け」といった意味になっています。

モルゲンロートは、山ではよく見聞きする言葉です。朝日を受けて山が赤く染まっていたら、それはモルゲンロートです。北アルプスの涸沢のモルゲンロートが有名ですが、どの山域でも条件が合えば見ることができます。

モルゲンロートは山が最も美しく見える瞬間ですが、ピークはわずか数分です。逆に、夕陽を受けて赤くなった状態をアーベントロート(Abendrot)といいます。これもまた印象的で美しい瞬間ですが、光のシャープさはモルゲンロートの方が勝ります。

なので、山で感動的な景色を見たい人や、カッコいい写真を撮りたい人は、日の出と日の入りの時間が狙い目です。できれば30分くらい前から準備を整えて、そのときを待ちたいところです。

また、日の出の際は、太陽が出るのは一瞬ですが、周囲の山々に日が当たるのは同時ではありません。高い山の山頂部から順に低い場所へと光が当たっていきます。これを見るのも感動の連続です。

ちなみに、今回の写真を撮ったのは、東側に広がった低い雲海から太陽が昇った約10分後です。まず、剱岳の山頂部に光があたり、その光がだんだん下がってきて、次に別山を照らし、真砂岳にも光が当たってきました。

最も高いギザギザの山が剱岳で、その手前の台形状の山が別山、さらに手前の小さく雪が残る山が真砂岳です。画面右側の大きな斜面は立山の一角で、富士ノ折立の下あたりになります。

剱岳は岩山なので黒っぽく、赤味が少ないですね。一方、真砂岳は白砂の山なので、より赤く染まっています。

朝日や夕陽の瞬間に、もうひとつ注目したいのが周囲の山並に沿った空の色です。太陽が昇る東の空や、日が沈む西の空だけでなく、360度ぐるりと赤っぽくなり、とても美しくて感動的です。

なお、夕陽に染まった剱岳の写真は以下の記事で見ることができます。

【剱岳】登頂不可能とされていた山の頂から360°の絶景

撮影場所:北アルプス・立山の稜線
撮影日:2018/10/3

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-剱・立山
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

槍ヶ岳から見た山並【blog】百名山が好きな人も嫌いな人も山が好き

尾瀬ヶ原の白い虹【今週の1枚】尾瀬ヶ原の”白い虹”

関連記事

  1. 朔を伸ばすスギゴケ

    【今週の1枚】朔を伸ばす北八ツのスギゴケ

    日本は、雨が多いこともあって各地に苔の名所があります。本州の中央部だと、ま…

  2. 西沢渓谷の落ち葉

    【今週の1枚】落ち葉の美景 in 西沢渓谷

    美しい紅葉というと「見上げる」とか「見渡す」といったイメージかと思います。…

  3. 春の戸隠山と高妻山

    【今週の1枚】春の戸隠山と高妻山

    今回は、春山の風景です。といっても、ご覧のとおり雪景色ですが。正面左のギザ…

  4. 初冬の淵 in 奥多摩

    【今週の1枚】初冬の淵 in 奥多摩

    この写真は、こちらで紹介した海沢大滝へ行く途中で撮影したものです。奥多摩三…

  5. 夜叉神峠から望む秋の白根三山

    【今週の1枚】夜叉神峠から望む秋の白根三山

    南アルプスの北部にある白根三山(しらねさんざん)。北岳(きただけ)、間ノ岳…

  6. 丹沢山地の冬景色

    【今週の1枚】丹沢山地 冬景色

    奥多摩や丹沢など関東南部の山でも、たいてい冬には雪があります。といっても普…

  7. 冬の奥多摩、海沢大滝

    【今週の1枚】初冬の滝はひっそり輝く

    今回の写真は、奥多摩の海沢(うなざわ)大滝です。撮影時期は12月中…

  8. 東天狗の山頂とシュカブラ

    【今週の1枚】東天狗の山頂とシュカブラ

    ここは、北八ヶ岳にある東天狗岳の山頂直下です。上の方に、山頂の標識が見えて…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP