【今週の1枚】伊豆・皮子平の大ブナ

伊豆半島の山といえば、まずは日本百名山にも選ばれている天城山(あまぎさん)だと思います。

実際には、天城山という山の頂上はありません。天城山と呼ばれるエリアに万二郎岳(ばんじろうだけ)と万三郎岳(ばんざぶろうだけ)という2つのピークがあって、万三郎岳が伊豆半島の最高峰で標高1405.6mです。

天城山は、伊豆半島の中央部を東西に走る天城山脈の東側にあって、稜線を西へ進むと八丁池を経て天城峠へと登山道がつながっています。魅力的なコースだと思うのですが、交通の便がイマイチなので、私はまだ歩き通したことがありません。

さて、天城山と八丁池をつなぐ稜線上に戸塚峠というところがあって、そこから北側に少し下ると皮子平(かわこだいら)と呼ばれる場所があります。

その皮子平の端に立つのが、今週の1枚に選んだ「伊豆の大ブナ」です。この写真を撮ったころは、ブナの根元まで行って触ることができたのですが、その後の写真を見ると今は木の周りに柵があるようです。

現在、どうなっているか確認していないのですが、素晴らしいブナであることは変わらないでしょう。ブナは日本海側に多いとされますが、太平洋に突き出した温暖な伊豆半島にも、こんな立派なブナがあるんですね。単に大きいだけでなく、姿かたちの美しさも抜群だと思います。

私がここを訪れたのは、新緑がまぶしい5月下旬でした。天城高原駐車場から万二郎岳に登り、そのまま万三郎岳を経て戸塚峠まで稜線を進みました。途中にもブナやヒメシャラの林が広がっていて、とても気持ちいい山歩きを楽しむことができました。

ただ、そんなに難しい山ではないのですが往復で一日かかりました。反対側の八丁池や天城峠、北側の筏場(いかだば)方面からのアプローチも可能ですが、交通の便が悪いのが難点で、やはり往復一日みておく必要がありそうです。

撮影場所:伊豆半島・皮子平
撮影日:2003/5/23

この場所へ行くのに最適な地図は、

大台ケ原・正木嶺の朝【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

吹割の滝【今週の1枚】東洋のナイアガラ・吹割の滝

関連記事

  1. 川乗林道の春景色

    【今週の1枚】奥多摩の山笑う

    東京西部の奥多摩には、人気の山がたくさんあります。この写真は、そんな山のひ…

  2. 八ヶ岳の林道

    【今週の1枚】八ヶ岳の森に春が来た

    2002年4月10日、まだ雪が残る八ヶ岳に入山しました。メジャーな登山口の…

  3. 北八ヶ岳・中山峠の御来光

    【今週の1枚】早春の北八ヶ岳・中山峠で御来光

    2020年3月の終わり、北八ヶ岳の天狗岳に行きました。渋の湯の駐車場(有料…

  4. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  5. 大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    【今週の1枚】大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県の北東部にある標高2057mの山。日本…

  6. 蓼科山の雪原

    【今週の1枚】春近き、蓼科山の雪原

    八ヶ岳連峰の北に位置する蓼科山。南西から見ると均整がとれた姿が美しく、諏訪…

  7. 霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    【今週の1枚】霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    八ヶ岳(やつがたけ)は、話題が豊富な山です。まず、夏沢峠を境に南八…

  8. 相模湾に昇る神秘的な朝日

    【今週の1枚】相模湾に昇る神秘的な朝日

    この写真を撮ったのは、1999年4月。当時の私は、まだ山歩き初心者でした。…

おすすめ記事

  1. 北岳タイトル写真5
  2. 北穂高岳タイトル写真1
  3. 剱岳タイトル写真4
  4. 槍ヶ岳タイトル写真4
  5. 宝永山アイキャッチ画像
  6. 富士山タイトル写真1
  7. 奥穂高岳と涸沢岳
  8. エベレストとローツェ

カテゴリー

PAGE TOP