【今週の1枚】絶品! 甲武信小屋前の御来光

今週の1枚は、甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)の山頂直下にある山小屋の前で撮った朝日の写真です。甲武信ヶ岳は、奥秩父を代表する山のひとつで日本百名山にも選ばれています。

この山のウンチクとして、よく知られた話だと思いますが、甲州(山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)の3県境にあるから甲武信といわれています。山の形が拳(こぶし)に似ているといった説もあるようですが、私は甲武信ヶ岳が拳のように見えたことはありません。

標高は2475mですが、山として目立った特徴がなく、それは深田久弥さんも『日本百名山』の中で書いています。また、私の手元に『白旗史郎の百一名山』という写真集があって、山岳写真家の白旗史郎さんが選んだ百一座の写真が収められているのですが、その中に甲武信ヶ岳はなく、最後の解説文の中で可哀そうな評価を下されています。

とはいえ甲武信ヶ岳は、それなりに知名度があって登山者もある方だと思います。健脚者なら日帰りも可能ですが、山頂の近くに甲武信小屋という山小屋があって、そこに宿泊する方がこの山を楽しめるでしょう。山小屋も、なかなか歴史を感じさせる佇まいです。

甲武信小屋の入口

朝日に染まる甲武信小屋

甲武信小屋の内部

趣ある甲武信小屋の内部

さて、この山小屋の紹介で、必ずといっていいほど目にするのが小屋の前で撮影された朝日の写真です。私も一泊して、その理由が分かりました。とにかく美しいのです。それが今週の1枚に取り上げた写真です。ただ、この場所で朝日の写真を撮ると、誰が撮っても同じような写真になります。

それでも、この朝日は一見の価値があると思います。甲武信ヶ岳へ行く際は宿泊をお勧めします。テント泊も可能です。

ちなみに山頂は、東側に木があって朝日は見えづらいです。南から西側は開けていて展望があります。そのようすは、以下の記事で。

【甲武信ヶ岳】山頂から八ヶ岳に沈む夕日を望む絶景

撮影場所:甲武信ヶ岳・甲武信小屋前
撮影日:2015/9/24

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-金峰山・甲武信
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日【今週の1枚】笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

北穂高岳南峰【今週の1枚】出現! 北穂高岳南峰

関連記事

  1. 西沢渓谷の大久保ノ滝

    【今週の1枚】初夏の緑と西沢渓谷・大久保ノ滝

    今回の写真は、山梨県北部の西沢渓谷にある大久保ノ滝です。西沢渓谷は…

  2. 笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    【今週の1枚】笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    今週の1枚は、笠ヶ岳の山頂で撮影した夕日の写真です。太陽の左側に山並みが見…

  3. 尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    【今週の1枚】尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    山へ行くと、霧に包まれることがよくありますね。山用語ではガスといいますが、…

  4. 奥多摩の紅葉

    【今週の1枚】晩秋を彩る奥多摩の紅葉

    今回は、11月下旬に奥多摩湖の近くで撮影した紅葉の写真です。日本で…

  5. 屋久島の淀川

    【今週の1枚】屋久島・淀川の朝

    山が好きな人、自然が好きな人なら、誰もが憧れる(と思う)屋久島。縄文杉や苔…

  6. 夜叉神峠から望む秋の白根三山

    【今週の1枚】夜叉神峠から望む秋の白根三山

    南アルプスの北部にある白根三山(しらねさんざん)。北岳(きただけ)、間ノ岳…

  7. 尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    【今週の1枚】尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    尾瀬ヶ原の写真は、これまで何度も【今週の1枚】で紹介してきましたが、今回は…

  8. 渓流を覆うモミジの若葉

    【今週の1枚】渓流を覆うモミジの若葉

    "紅葉"と書いて「こうよう」と読むのが一般的ですが、「モミジ」とも読むこと…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP