【今週の1枚】尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

山へ行くと、霧に包まれることがよくありますね。山用語ではガスといいますが、実際には雲の中にいる状態です。たいてい、視界は数十メートル。足もとの登山道や近くの木々は見えても、周囲の景色は見えません。

そして、これまたよく見るのが山と山の間の谷に雲が広がっている景色。自分より下に雲海がある状況です。山の上は晴れていて絶景でも、このとき谷にいたらガスの中、谷から山は見えていません。

さて、今回の写真は尾瀬ヶ原です。尾瀬ヶ原の標高は約1400m、そして周囲を2000m前後の山に囲まれています。つまり窪地で、ここにガス(霧)が溜まると、ほとんど逃げ場がありません。

至仏山や燧ケ岳からガスに覆われた尾瀬ヶ原を見下ろすと、これはこれで幻想的でよい景色だと思います。でも、尾瀬ヶ原にいると、けっこう悲しいです。周囲の景色が何も見えません。楽しみは、木道から見る高山植物くらいでしょうか。

今回の写真を撮った日は、朝一番のバスで戸倉から鳩待峠へ行って山の鼻へ下りました。しかし、尾瀬ヶ原はガスで真っ白。それでも、いくつかある撮影スポットを目指して中田代あたりを歩いていました。

すると、午前7時すぎ、突然空の片側が明るくなりました。見上げると、どんどん青空が見えてきます。その瞬間を撮ったのが今回の一枚です。

山の上で、ガスや雲が切れて遠くの山が見えてくる、といったことはときどき経験します。でも、このように湿原で右から左へ幕が開くようにガスが消えていく様子を見たのは初めてでした。

この後は、燧ケ岳も至仏山もよく見えました。

撮影場所:群馬県・尾瀬ヶ原
撮影日:2018/7/19

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-尾瀬
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

尾瀬ヶ原に群生するカキツバタ【今週の1枚】カキツバタが群生する尾瀬ヶ原

立山から見下ろした黒部湖【今週の1枚】立山から黒部湖を見下ろす

関連記事

  1. 春近き入笠湿原

    【今週の1枚】春近き入笠湿原

    ここは、入笠山(にゅうがさやま)の山頂近くにある入笠湿原です。入笠…

  2. 冬晴れの穂高連峰

    【今週の1枚】冬晴れの穂高連峰

    前回は、氷結した平湯大滝の写真を掲載しました。その写真を撮った翌日、私たち…

  3. 朔を伸ばすスギゴケ

    【今週の1枚】朔を伸ばす北八ツのスギゴケ

    日本は、雨が多いこともあって各地に苔の名所があります。本州の中央部だと、ま…

  4. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  5. 川乗林道の春景色

    【今週の1枚】奥多摩の山笑う

    東京西部の奥多摩には、人気の山がたくさんあります。この写真は、そんな山のひ…

  6. 高尾山のシモバシラの花

    【今週の1枚】シモバシラの花@高尾山

    これは、知る人ぞ知る高尾山の名物のひとつです。シモバシラの花といいます。…

  7. 伊豆半島のヒメシャラ

    【今週の1枚】森の裸族

    今回の写真は、伊豆半島のヒメシャラの木です。2003年5月、私は伊…

  8. 大樺沢の清流

    【今週の1枚】南アルプス・大樺沢の清流

    大樺沢(おおかんばさわ)は、日本第2位の高峰・北岳を流れ下る沢です。…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP