【今週の1枚】夜叉神峠から望む秋の白根三山

南アルプスの北部にある白根三山(しらねさんざん)。北岳(きただけ)、間ノ岳(あいのたけ)、農鳥岳(のうとりだけ)を合わせて白根三山といいます。

北岳は標高3193mで国内2位、間ノ岳は3190mで国内3位の高さです。どちらも日本百名山に選ばれています。以前は、北アルプスの奥穂高岳が3位で間ノ岳は4位とされていましたが、2014年の標高改定で同じ高さとされました。

農鳥岳は、日本百名山からもれていますが日本二百名山に入っています。とはいえ、農鳥岳も3026mと十分に高く、二百名山のなかで標高が3000mを超えるのは農鳥岳だけです。しかも、主峰とされる農鳥岳の隣に西農鳥岳があって、こちらの標高は3051m。なんと25mも高い。

今回の写真をみてもらうと、右側の少し白く尖った山が北岳、真ん中の白くてなだらかな山が間ノ岳、そして左側が農鳥岳です。この写真で見ると、農鳥岳より西農鳥岳の方が奥にあるため農鳥岳の方が少し高く見えます。

今なら、正確な高さを基準にして西農鳥岳が主峰になったかもしれません。しかし昔は、麓からの見え方や感覚的な位置関係、あるいは三角点設置の都合などで山頂が決められて、後で測り直したら山頂とされてきた場所と最高地点が違うといったことがときどきあります。

撮影場所の夜叉神峠(やしゃじんとうげ)は、北岳への主要な登山口・広河原(ひろがわら)へ向かう南アルプス街道の途中にあります。街道とはいえ険しい山道で、現在は夜叉神峠から先はマイカー規制されています。

実際には、夜叉神トンネル手前の駐車場までバスか車で入り、そこから峠に向かって登山道を約1時間登ります。そして峠まで登り切ると、今回の1枚のような絶景を見ることができます。

撮影時期は10月後半。足もとの笹が緑色なので分かりにくいですが、よく見ると木々は秋の装いです。

この夜叉神峠から稜線を北へ歩くと鳳凰三山(ほうおうさんざん)に至ります。そして、この稜線は白根三山を眺める絶好のコースです。以下の記事では、タイトル写真の中で北岳の雄姿を紹介していますが、どちらも鳳凰三山で撮ったものです。

【北岳】日本第2位の高峰で富士山を眺める絶景
【北岳ノ肩】標高3000mの稜線で山々が朝日に染まる絶景

また、北岳から間ノ岳へと続く道は「天空の稜線」「標高3000mの縦走路」と言われ、富士山を横に見ながら日本一高い場所を歩く、とても気持ちいい展望コースとして知られています。

私も歩いたことがありますが、残念なことに途中で雲が湧いて間ノ岳に着く前に周囲が真っ白、まったく景色が見えなくなってしまいました。リベンジのチャンスを狙っているのですが、まだ実現していません。

撮影場所:夜叉神峠
撮影日:2003/10/23


秋の燧ケ岳から見下ろしたダケカンバの森【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

蔵王山タイトル写真1【蔵王山】朝日に染まる熊野岳と火口湖の絶景

関連記事

  1. 山開き直前の富士山五合目

    【今週の1枚】山開き直前の富士山五合目

    富士山に登りたいという人は多いですが、富士山はいつでも登れるわけではありま…

  2. 愛鷹山の黒岳から望む新年の紅富士

    【今週の1枚】紅富士@愛鷹山・黒岳

    新年最初の1枚は、「やはり紅富士かな」と思ってこの写真を選びました。撮影し…

  3. 春近き入笠湿原

    【今週の1枚】春近き入笠湿原

    ここは、入笠山(にゅうがさやま)の山頂近くにある入笠湿原です。入笠…

  4. 富士山八合目のシュールな空

    【今週の1枚】富士山八合目のシュールな空

    この写真は、富士山の八合目付近にある山小屋の前で撮った夕方の景色です。…

  5. 高尾山のシモバシラの花

    【今週の1枚】シモバシラの花@高尾山

    これは、知る人ぞ知る高尾山の名物のひとつです。シモバシラの花といいます。…

  6. 丹沢山地の冬景色

    【今週の1枚】丹沢山地 冬景色

    奥多摩や丹沢など関東南部の山でも、たいてい冬には雪があります。といっても普…

  7. 奥高尾から望む元旦の富士

    【今週の1枚】奥高尾から望む元旦の富士

    このサイト『絶景360』の高尾山の記事にも書いているように、高尾山の山頂か…

  8. アルプスの絶景

    【今週の1枚】アルプスど真ん中の絶景

    この写真の場所はどこでしょう。ヨーロッパアルプスとかニュージーランドといわ…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP