【今週の1枚】暮れゆく涸沢カール大雪渓

8月最後の1枚は、北アルプスの涸沢(からさわ)です。3000m級の山に登る人にとって、最も人気のある場所のひとつではないでしょうか。

一般的なルートは、まず上高地から約10kmの林道を歩いて横尾へ行きます。ここまでは平坦な道ですが、約3時間かかります。長いです。

横尾で左に折れて、大きな吊り橋を渡ると、そこから先が本格的な登山道になります。

前半は、左側に屏風岩の絶壁を見ながら進みます。やがて本谷橋を渡ると急登が始まります。ガレ場を通過して少し行くと谷の先に涸沢ヒュッテが見えます。ところが、そこから涸沢まで意外に遠い。

とはいえ、上高地から涸沢までコースタイムで約6時間。朝、上高地を出発して午後早めの時間に到着できる、程よい距離かと思います。

私が初めて北アルプスへ行ったのも涸沢でした。涸沢ヒュッテに泊まって、翌日は奥穂高岳の山頂まで往復。もう一泊して下山しました。当時は登山初心者で、この日程でも上高地に着いたときには疲れてヘロヘロでした。

さて、涸沢は氷河に削られてできた巨大なU字谷です。そして、その底から円形劇場のように前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳を望むことができます。

今回の写真には月が写っていますが、その下の稜線が前穂高岳と奥穂高岳を結ぶ吊尾根(つりおね)です。そして、その下にある雪渓が涸沢の大雪渓で、秋にはかなり小さくなりますが雪が消えることはありません。

涸沢は、いつ行っても美しい場所ですが、特に有名な絶景が2つあります。モルゲンロートと紅葉です。モルゲンロートも、いずれここで紹介できればと思っています。涸沢の紅葉は、こちらで紹介しています。

撮影場所:北アルプス・涸沢カール
撮影日:2017/8/28

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-槍ヶ岳・穂高岳
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

水滴に写る夏空の絶景【今週の1枚】水滴に写る夏空の絶景

北八ツ・苔の森の絶景【今週の1枚】北八ツ・苔の森の絶景

関連記事

  1. 春近き入笠湿原

    【今週の1枚】春近き入笠湿原

    ここは、入笠山(にゅうがさやま)の山頂近くにある入笠湿原です。入笠…

  2. 冬の上高地で遭遇したニホンカモシカ

    【今週の1枚】ニホンカモシカ in 冬の上高地

    今回は、このサイトでは珍しく動物の写真を取り上げたいと思います。冬の上高地…

  3. 朔を伸ばすスギゴケ

    【今週の1枚】朔を伸ばす北八ツのスギゴケ

    日本は、雨が多いこともあって各地に苔の名所があります。本州の中央部だと、ま…

  4. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  5. 川乗林道の春景色

    【今週の1枚】奥多摩の山笑う

    東京西部の奥多摩には、人気の山がたくさんあります。この写真は、そんな山のひ…

  6. 高尾山のシモバシラの花

    【今週の1枚】シモバシラの花@高尾山

    これは、知る人ぞ知る高尾山の名物のひとつです。シモバシラの花といいます。…

  7. 朝日に染まる熊野灘

    【今週の1枚】朝日に染まる熊野灘

    「山頂から海が見える山」というと珍しい気がするかもしれません。しかし実は、…

  8. 大樺沢の清流

    【今週の1枚】南アルプス・大樺沢の清流

    大樺沢(おおかんばさわ)は、日本第2位の高峰・北岳を流れ下る沢です。…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP