【今週の1枚】暮れゆく涸沢カール大雪渓

8月最後の1枚は、北アルプスの涸沢(からさわ)です。3000m級の山に登る人にとって、最も人気のある場所のひとつではないでしょうか。

一般的なルートは、まず上高地から約10kmの林道を歩いて横尾へ行きます。ここまでは平坦な道ですが、約3時間かかります。長いです。

横尾で左に折れて、大きな吊り橋を渡ると、そこから先が本格的な登山道になります。

前半は、左側に屏風岩の絶壁を見ながら進みます。やがて本谷橋を渡ると急登が始まります。ガレ場を通過して少し行くと谷の先に涸沢ヒュッテが見えます。ところが、そこから涸沢まで意外に遠い。

とはいえ、上高地から涸沢までコースタイムで約6時間。朝、上高地を出発して午後早めの時間に到着できる、程よい距離かと思います。

私が初めて北アルプスへ行ったのも涸沢でした。涸沢ヒュッテに泊まって、翌日は奥穂高岳の山頂まで往復。もう一泊して下山しました。当時は登山初心者で、この日程でも上高地に着いたときには疲れてヘロヘロでした。

さて、涸沢は氷河に削られてできた巨大なU字谷です。そして、その底から円形劇場のように前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳を望むことができます。

今回の写真には月が写っていますが、その下の稜線が前穂高岳と奥穂高岳を結ぶ吊尾根(つりおね)です。そして、その下にある雪渓が涸沢の大雪渓で、秋にはかなり小さくなりますが雪が消えることはありません。

涸沢は、いつ行っても美しい場所ですが、特に有名な絶景が2つあります。モルゲンロートと紅葉です。この2つに関しても、いずれここで紹介できればと思っています。

撮影場所:北アルプス・涸沢カール
撮影日:2017/8/28

この場所へ行くのに最適な地図は、

水滴に写る夏空の絶景【今週の1枚】水滴に写る夏空の絶景

北八ツ・苔の森の絶景【今週の1枚】北八ツ・苔の森の絶景

関連記事

  1. 北八ヶ岳・中山峠の御来光

    【今週の1枚】早春の北八ヶ岳・中山峠で御来光

    2020年3月の終わり、北八ヶ岳の天狗岳に行きました。渋の湯の駐車場(有料…

  2. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  3. 尾瀬ヶ原の白い虹

    【今週の1枚】尾瀬ヶ原の”白い虹&#…

    尾瀬には、いろいろな絶景があります。しかも、季節の移り変わりとともに、どん…

  4. 大晦日の夕日

    【今週の1枚】大晦日の夕日に感謝する

    今回は、自宅の近くで撮影した夕陽の写真です。撮影日は2018年12月31日…

  5. 山開き直前の富士山五合目

    【今週の1枚】山開き直前の富士山五合目

    富士山に登りたいという人は多いですが、富士山はいつでも登れるわけではありま…

  6. 水滴に写る夏空の絶景

    【今週の1枚】水滴に写る夏空の絶景

    今回は、「森の中の小さな絶景 その2」です。撮影場所は、大菩薩嶺(だいぼさ…

  7. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  8. アーベントロートの丹沢山塊

    【今週の1枚】アーベントロートの丹沢山塊

    山が朝日を受けて赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)といい…

おすすめ記事

  1. 大山タイトル写真1
  2. 蔵王山タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP