【今週の1枚】山開き直前の富士山五合目

富士山に登りたいという人は多いですが、富士山はいつでも登れるわけではありません。

例年、山梨県側の吉田口が開くのは7月1日、静岡県側の富士宮口、御殿場口、須走口が開くのは7月10日です。ただし、富士宮口から宝永山までは、もう少し早く行けるようになります。

そして、富士山の各登山口が閉まるのは9月の第1週あたり。つまり富士山に登れる期間は、わずか2ヶ月くらいです。それ以外の期間は登山道が閉鎖されていて、一般の人は登ることができません。

さて、今回の写真を撮ったのは6月30日で、撮影場所は富士宮口の周辺です。当時、私はまだ山の初心者で、このときは宝永山の縁まで行きました。初めて富士山に登ったのは、この約1ヶ月半後のことでした。

ちなみに、山頂付近に白く見えるのは雲です。噴火しているわけではありません。夏に限りませんが、独立峰の富士山、特にその山頂付近には強い風があたってさまざまな雲が沸き、足早に流れていきます。

富士山というと、上半分に雪を頂いた姿をイメージする人が多いかと思いますが、登山シーズンの夏富士はご覧のとおり雪がありません。ただし、開山直後は部分的に雪が残っていることもあるようです。

 また、7月1日あるいは10日は、普通なら梅雨の真っ只中です。しかし、山頂は雨雲の上に突き出ていて、雲海の上に昇る御来光を拝めることが多いようです。まさに「アタマを雲の上に出し」の状態ですね。

富士山の登山中、ほとんどの区間はザクザクの溶岩帯を登っていきます。しかも、上へ行くほど急になって、1歩登っては半歩ズリ落ちるような苦行が続きます。それでも、一度は日本で一番高い場所に立ってみたいという思いから富士山にチャレンジする人は絶えません。

富士登山と、その山頂での御来光と日本最高地点から望む景色は、以下のリンクから見ることができます。合わせて、宝永山の絶景も必見です!

【富士山】日本最高所の全天球パノラマ写真と御来光の絶景。
【宝永山】富士山五合目の巨大火口とその先端からの絶景

撮影場所:富士山・富士宮口付近
撮影日:1998/6/30

この場所へ行くのに最適な地図は、

霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳【今週の1枚】霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

奥多摩湖の夜明け、印象的な朝日【今週の1枚】奥多摩湖の夜明け、印象的な朝日

関連記事

  1. 大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    【今週の1枚】大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県の北東部にある標高2057mの山。日本…

  2. 霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    【今週の1枚】霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    八ヶ岳(やつがたけ)は、話題が豊富な山です。まず、夏沢峠を境に南八…

  3. 真っ赤に紅葉した涸沢のナナカマド

    【今週の1枚】世界一の紅葉@涸沢

    世界で最も紅葉が美しい場所といわれるのが、北アルプスの涸沢です。私…

  4. 立山の御前沢氷河

    【今週の1枚】立山から望む日本初の氷河

    北アルプスの山々は、カッコいいですよね。特に人気が高い槍・穂高連峰と立山・…

  5. 夜叉神峠から望む秋の白根三山

    【今週の1枚】夜叉神峠から望む秋の白根三山

    南アルプスの北部にある白根三山(しらねさんざん)。北岳(きただけ)、間ノ岳…

  6. 伊豆の大ブナ

    【今週の1枚】伊豆・皮子平の大ブナ

    伊豆半島の山といえば、まずは日本百名山にも選ばれている天城山(あまぎさん)…

  7. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  8. 甲武信小屋前の御来光

    【今週の1枚】絶品! 甲武信小屋前の御来光

    今週の1枚は、甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)の山頂直下にある山小屋の前で撮った…

おすすめ記事

  1. 大山タイトル写真1
  2. 蔵王山タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP