【今週の1枚】南アルプス・大樺沢の清流

大樺沢(おおかんばさわ)は、日本第2位の高峰・北岳を流れ下る沢です。

北岳に関する記事は、こちら。
【北岳】日本第2位の高峰で富士山を眺める絶景
【北岳ノ肩】標高3000mの稜線で山々が朝日に染まる絶景

北岳への登頂ルートとして最もポピュラーなのが、広河原(ひろがわら)までバスで入り、この大樺沢を登っていくコースです。

実際には、八本歯(はっぽんば)のコルと呼ばれる稜線まで大樺沢を上り詰めるルートと途中の二股(ふたまた)から主稜線を目指すコース、白根御池小屋を経由して主稜線に上がるルートがあります。白根御池小屋を経由するコースはすぐに大樺沢から離れるのですが、登り始めはどのコースでも大樺沢の横を歩きます。

この写真を撮ったのは、広河原から歩き始めて少し登ったところです。夏の盛りを迎えて緑は濃いですが、大樺沢の上流部にはまだ雪渓が残っていて、その雪解け水がすごい勢いで流れ落ちています。

大樺沢の雪渓

大樺沢の上流部に残る雪渓(今週の1枚と同日に撮影)

 大樺沢は、この少し下流で野呂川に合流します。野呂川の源流域は北岳の西側で、そこから北岳の北側をぐるっと回り、北岳の東側を南へと流れています。

そして、しばらく下って早川町に入ると名前が早川に変わります。早川は、身延町で富士川(ふじかわ)に合流し、やがて静岡県に入って最後は駿河湾へと流れ込みます。

ちなみに、富士川の源流域も南アルプスの北部で、甲斐駒ヶ岳に近い鋸岳の辺りとされています。上流部では釜無川(かまなしがわ)と呼ばれていて、そのまま甲府盆地を南北に貫き、盆地の南端で笛吹川(ふえふきがわ)と合流すると富士川になります。

山の名前も変化したり、同じ山に複数の名前があることがありますが、川は流れの途中で名前が変わることも多く、源流域が意外な場所だったりして興味が尽きません。

撮影場所:南アルプス・大樺沢
撮影日:2017/8/1

この場所へ行くのに最適な地図は、

瑞牆山タイトル写真2【瑞牆山】奇抜さナンバーワンの山は頂上の展望も抜群

槍ヶ岳の山頂から槍ヶ岳山荘を見下ろす【今週の1枚】槍の穂先から見下ろす槍ヶ岳山荘

関連記事

  1. 夏空を映す尾瀬ヶ原の池塘

    【今週の1枚】夏空を映す尾瀬ヶ原の池塘

    尾瀬には複数の入山口がありますが、私が最も多く利用しているのは群馬県側の鳩…

  2. 相模湾に昇る神秘的な朝日

    【今週の1枚】相模湾に昇る神秘的な朝日

    この写真を撮ったのは、1999年4月。当時の私は、まだ山歩き初心者でした。…

  3. 夕暮れの涸沢カール大雪渓

    【今週の1枚】暮れゆく涸沢カール大雪渓

    8月最後の1枚は、北アルプスの涸沢(からさわ)です。3000m級の山に登る…

  4. 大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    【今週の1枚】大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県の北東部にある標高2057mの山。日本…

  5. 川乗林道の春景色

    【今週の1枚】奥多摩の山笑う

    東京西部の奥多摩には、人気の山がたくさんあります。この写真は、そんな山のひ…

  6. 霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    【今週の1枚】霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    八ヶ岳(やつがたけ)は、話題が豊富な山です。まず、夏沢峠を境に南八…

  7. 八ヶ岳の林道

    【今週の1枚】八ヶ岳の森に春が来た

    2002年4月10日、まだ雪が残る八ヶ岳に入山しました。メジャーな登山口の…

  8. 山開き直前の富士山五合目

    【今週の1枚】山開き直前の富士山五合目

    富士山に登りたいという人は多いですが、富士山はいつでも登れるわけではありま…

おすすめ記事

  1. 槍ヶ岳から見た山並
  2. 雨飾山の登山道
  3. 金峰山タイトル写真1
  4. 北岳タイトル写真5
  5. 剱岳タイトル写真4
  6. 槍ヶ岳タイトル写真4
  7. 富士山タイトル写真1
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP