【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

森はいいですよね。森は本当に美しいと思います。新緑もいいし、紅葉もいい。そして山では、落葉した後の森もまたきれいです。

今回の1枚は、尾瀬の一角にある燧ケ岳(ひうちがたけ)の山頂付近から見下ろした秋の森です。撮影したのは10月11日、里ではまだ紅葉が始まるかどうかというタイミングですが、標高が高い場所では既に落葉が進んで晩秋の装いでした。

後ろ(画面上部)に写っている緑の木は杉か檜だと思いますが、画面の大部分を占める白い樹形はダケカンバです。枝の先に、わずかに黄色い葉が残っていますが、大部分は落ちて複雑な枝ぶりが露わになっています。

秋の高山では、このような光景がよく見られます。そして私は、こうした景色を見るとアタマの中でシンフォニーオーケストラの演奏が響く気がします。まず、低めの管楽器か弦楽器のフォーーーンとかヴゥーーーンといった音がして、その後にリズミカルなメロディーが続く感じ。皆さんは、この写真から、どんな音を感じるでしょうか。

ちなみに、ダケカンバは白樺と同じ仲間です。幹や枝が薄茶色で、幹の皮が薄くはがれるのが特徴です。ほかにも見分け方があるようですが、避暑地にある幹が真っすぐで白い木が白樺、そして、より高い山にある薄茶色の木がダケカンバといった認識で概ね大丈夫だと思います。

しかし実は、里に生えているダケカンバもあって、その場合は高く真っすぐ成長するそうです。高山で、特に雪が多い地域のダケカンバは背が低く、幹や枝が曲がって複雑な形をしています。特に豪雪地帯では、雪の重みで根本が曲がっていることもあります。

今回の写真は光が均一にまわっていますが、谷筋では枝先だけ光が当たって下の方は陰になっていることがあります。それもまた、とても美しい瞬間です。

秋、高い山に登ったら、こうした景色を探すのも楽しいのではないでしょうか。

撮影場所:燧ケ岳の山頂付近
撮影日:2002/10/11

この場所へ行くのに最適な地図は、

尾瀬ヶ原の白い虹【今週の1枚】尾瀬ヶ原の”白い虹”

夜叉神峠から望む秋の白根三山【今週の1枚】夜叉神峠から望む秋の白根三山

関連記事

  1. 大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    【今週の1枚】大菩薩嶺・上日川峠のブナ

    大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県の北東部にある標高2057mの山。日本…

  2. 霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    【今週の1枚】霧ヶ峰から望む初夏の八ヶ岳

    八ヶ岳(やつがたけ)は、話題が豊富な山です。まず、夏沢峠を境に南八…

  3. 北穂高岳南峰

    【今週の1枚】出現! 北穂高岳南峰

    北アルプスの穂高連峰には、最高峰の奥穂高岳だけでなく前穂高岳や西穂高岳など…

  4. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  5. 夜叉神峠から望む秋の白根三山

    【今週の1枚】夜叉神峠から望む秋の白根三山

    南アルプスの北部にある白根三山(しらねさんざん)。北岳(きただけ)、間ノ岳…

  6. 伊豆の大ブナ

    【今週の1枚】伊豆・皮子平の大ブナ

    伊豆半島の山といえば、まずは日本百名山にも選ばれている天城山(あまぎさん)…

  7. 大台ケ原・正木嶺の朝

    【今週の1枚】大台ケ原・正木峠の朝

    紀伊半島にある大台ケ原は、屋久島と並んで日本で最も雨が多い地域といわれます…

  8. 笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    【今週の1枚】笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    今週の1枚は、笠ヶ岳の山頂で撮影した夕日の写真です。太陽の左側に山並みが見…

おすすめ記事

  1. 大山タイトル写真1
  2. 蔵王山タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP