【今週の1枚】奥多摩の山笑う

東京西部の奥多摩には、人気の山がたくさんあります。この写真は、そんな山のひとつ、川苔山に向かう林道で撮ったものです。

奥多摩で有名な山といえば、まず東京で唯一の日本百名山・雲取山。そして、雲取山へと至る石尾根の稜線に並ぶ七ツ石山や鷹ノ巣山。さらに、奥多摩三山といわれる大岳山、御前山、三頭山。大岳山は日本ニ百名山でもあります。手軽に登れる信仰の山、御岳山(みたけさん)も人気がありますね。

こうした山々に引けを取らない名山のひとつが川苔山(かわのりやま)です。この山は、川乗山と表記されることもありますが読み方は同じです。

JR青梅線の終点・奥多摩駅から日帰りで登る山ですが、登山口から山頂までの標高差が約1000mでなかなかの満足感を得ることができます。

この写真を撮ったのは4月の終わり。高山にはまだ雪が残っている季節ですが、この年、奥多摩あたりはすっかり春の装いに変わっていました。

タイトルの”山笑う”は、春が来て、草木が芽吹いて、山がうっすらと色づいた状態を表す言葉で、語源は1000年ほど前の中国の画家の言葉をまとめた書にあるそうです。現在は、俳句の季語になっていて”山笑ふ”とも書きます。

実は、春は絶景写真が撮りにくい季節です。空気中の水蒸気や浮遊物が多くて遠くまで見通すことができません。晴れた日に高い場所に登っても、なかなか遠方の山々をくっきり見ることができないのです。

しかし、こんな淡く美しい景色を見ることができて、詩的な表現が似合う季節。やっぱり”春も”いいな、と思います。

撮影場所:奥多摩・川乗林道
撮影日:2003/4/29

雲取山、七ツ石山、大岳山、三頭山の絶景は、以下のページで。

【雲取山】東京の最高地点から奥多摩と奥秩父の山々を望む絶景。
【七ッ石山】奥多摩の名峰から雲取山と石尾根を一望する秀景
【大岳山】東京で唯一の二百名山はユニークな形で人気
【御前山】春雪の山頂から奥多摩の山々を望む

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-奥多摩
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。
 

八ヶ岳の林道【今週の1枚】八ヶ岳の森に春が来た

相模湾に昇る神秘的な朝日【今週の1枚】相模湾に昇る神秘的な朝日

関連記事

  1. ニッコウキスゲ咲く尾瀬の大江湿原

    【今週の1枚】ニッコウキスゲ咲く尾瀬・大江湿原

    "尾瀬"と聞いて、多くの人がイメージするのは尾瀬ヶ原だと思います。もう少し…

  2. 富士山八合目のシュールな空

    【今週の1枚】富士山八合目のシュールな空

    この写真は、富士山の八合目付近にある山小屋の前で撮った夕方の景色です。…

  3. 北穂高岳南峰

    【今週の1枚】出現! 北穂高岳南峰

    北アルプスの穂高連峰には、最高峰の奥穂高岳だけでなく前穂高岳や西穂高岳など…

  4. 韮崎市から見た八ヶ岳

    【今週の1枚】いつもと違う八ヶ岳との出会い

    山は、見る方向によって形が変わります。山が好きな人なら、ご存じのことだと思…

  5. 渓流を覆うモミジの若葉

    【今週の1枚】渓流を覆うモミジの若葉

    "紅葉"と書いて「こうよう」と読むのが一般的ですが、「モミジ」とも読むこと…

  6. 尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    【今週の1枚】尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    山へ行くと、霧に包まれることがよくありますね。山用語ではガスといいますが、…

  7. 夏空を映す尾瀬ヶ原の池塘

    【今週の1枚】夏空を映す尾瀬ヶ原の池塘

    尾瀬には複数の入山口がありますが、私が最も多く利用しているのは群馬県側の鳩…

  8. 八ヶ岳・横岳と大同心

    【今週の1枚】八ヶ岳・横岳と大同心

    今回は、八ヶ岳です。八ヶ岳で一番の登山基地といっても過言ではない赤岳鉱泉か…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP