【今週の1枚】光り輝くブナの若葉

5月、北アルプスなどの高山は、まだまだ雪がたっぷりですが、里山から低山は新緑が美しい季節。今回の1枚は、奥多摩の檜原都民の森(ひのはらとみんのもり)で撮ったブナの若葉です。

檜原都民の森は、奥多摩三山のひとつ、三頭山(みとうさん)の東南斜面の整備された森で、面積は約200ヘクタール。といってもイメージしにくいと思いますが、森の入口の駐車場あるいはバス停から三頭山の山頂まで徒歩1時間半から2時間くらいです。

森の中には、たくさんの登山道というかハイキングコースがあって、半日程度でサクッと山頂往復もできるし、1日かけていろいろなコースを巡ることもできます。

私はかつて、木々の写真を撮ったり、登山の足慣らしのためにときどき檜原都民の森へ行っていました。そんな中で撮影したのが、今回のブナの写真です。当時は、ブナだけでなくオオカメノキ(ムシカリ)やカエデの新緑も、こんな感じでよく撮っていました。

撮影のポイントは、デジタル一眼レフカメラに比較的明るい単焦点レンズ(50mm)を付けて絞り開放(あるいは開放に近い絞り値)で撮っていること。そして、逆光なのでプラス補正しています。

もう少し詳しく解説しましょう。

当時は、まだミラーレス一眼カメラが少なかったのでデジタル一眼レフカメラを使っていましたが、今ならミラーレス一眼カメラの方がいいかと思います。カメラは高性能な上位モデルではなく、小型で軽量な入門機です。今も、山では”軽さが正義”だと思っています。

レンズは、ズームができない単焦点レンズを使っています。画角を変えることはできませんが、描写力はズームレンズより格段に高いです。しかも解放F値が1.4なので、被写体の背後に少し距離があれば背景がきれいにボケてくれます。

焦点距離は50mmですが、カメラがキヤノン製で撮像素子がAPSサイズだったので1.6倍の80mm相当になります。いわゆる中望遠で、人物撮影に適した画角です。広大な自然を撮るには向きませんが、今回の1枚のように自然の一部を切り取るにはちょうど良くて重宝していました。今は出番が減りましたが、それでも大事に持っているお気に入りの一本です。

デジタル一眼レフカメラかミラーレス一眼カメラを持っているなら、このように明るい(解放F値の数字が小さい)単焦点レンズを使うと楽しいですよ。街中や公園でも、キラキラの若葉を美しく撮ることができます。

撮影場所:奥多摩・檜原都民の森
撮影日:2003/5/13

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-奥多摩
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

屋久島・栗生岳の巨岩【今週の1枚】屋久島・栗生岳の巨岩

伊豆半島のヒメシャラ【今週の1枚】森の裸族

関連記事

  1. 朔を伸ばすスギゴケ

    【今週の1枚】朔を伸ばす北八ツのスギゴケ

    日本は、雨が多いこともあって各地に苔の名所があります。本州の中央部だと、ま…

  2. 西沢渓谷の落ち葉

    【今週の1枚】落ち葉の美景 in 西沢渓谷

    美しい紅葉というと「見上げる」とか「見渡す」といったイメージかと思います。…

  3. 春の戸隠山と高妻山

    【今週の1枚】春の戸隠山と高妻山

    今回は、春山の風景です。といっても、ご覧のとおり雪景色ですが。正面左のギザ…

  4. 初冬の淵 in 奥多摩

    【今週の1枚】初冬の淵 in 奥多摩

    この写真は、こちらで紹介した海沢大滝へ行く途中で撮影したものです。奥多摩三…

  5. 秋の燧ケ岳から見下ろしたダケカンバの森

    【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

    森はいいですよね。森は本当に美しいと思います。新緑もいいし、紅葉もいい。そ…

  6. 母子島遊水地から見た筑波山

    【今週の1枚】逆さ筑波山と朝日の絶景

    今回は、茨城県の筑波山です。標高は876mと低いですが、歴史ある名山として…

  7. 高尾山の麓で撮ったモミジ

    【今週の1枚】単焦点レンズで撮った最後の紅葉

    今回は、12月中旬に高尾山の麓(ふもと)で撮ったモミジの写真です。この写真…

  8. 東天狗の山頂とシュカブラ

    【今週の1枚】東天狗の山頂とシュカブラ

    ここは、北八ヶ岳にある東天狗岳の山頂直下です。上の方に、山頂の標識が見えて…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP