【今週の1枚】伊豆に咲く地縛りの群落

この花は、ジシバリ(地縛り)といいます。別名、イワニガナ(岩苦菜)ともいいます。

花の美しさに反して、ちょっと怖い名前ですが、細い茎が地面を広がっていく様子が地を縛っているように見えるから”地縛り”と呼ばれるそうです。

花の時期は4~6月で、日本各地の庭や畑、道端などで普通に見られるそうです。実際、この写真を撮ったのも、登山道というより林道の脇だったと記憶しています。場所は、伊豆半島の長九郎山の近くです。

撮影に使ったのは、オリンパスのCAMEDIA C-2020ZOOMという当時は高級だったコンパクトデジタルカメラ。発売は1999年11月で、この写真を撮ったのが2000年5月です。

CAMEDIA C-2020ZOOMは、レンズ交換こそできませんでしたが総画素数211万画素の1/2型(インチ)CCDと大口径F2.0の明るい3倍ズームレンズを搭載していました。

今は手軽なコンデジでも2000万画素くらいあるので、211万画素はとても少なく感じます。画像サイズは最大1600×1200ピクセルですが、これでも当時は垂涎の高画素モデルでした。

私は、このカメラで、絞りとシャッタースピードの関係、そして絞りと被写界深度の関係など、風景写真やネイチャーフォトの基本を学びました。このときも、同じ構図で絞りを変えて3枚ほど撮っています。

もっとたくさん撮ったような気がしていたのですが、HDDに残っていたのは3枚で、Exifデータを見ると絞り値はF2.8、F4.0、F6.3でした。この写真は、F2.8です。やはり花の写真は、基本どおり背景のボケが大きい方がいいですね。

とはいえ、今のレンズと比べると背景のボケ味はもの足りないですし、だいぶノイズが目立ちます。でも、素直な色味が魅力で、このカメラもこのカメラで撮った写真も好きでした。

なにより、撮影から24年も経ったデジタル写真をこうして公開できることを嬉しく思っています。

撮影場所:伊豆半島・長九郎山
撮影日:2000/5/25

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-伊豆
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

森で見つけた天然の苔玉【今週の1枚】森で見つけた天然の苔玉

【今週の1枚】八幡平のドラゴンアイ

関連記事

  1. 朝日に染まる熊野灘

    【今週の1枚】朝日に染まる熊野灘

    「山頂から海が見える山」というと珍しい気がするかもしれません。しかし実は、…

  2. 笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    【今週の1枚】笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    今週の1枚は、笠ヶ岳の山頂で撮影した夕日の写真です。太陽の左側に山並みが見…

  3. 尾瀬ヶ原に群生するカキツバタ

    【今週の1枚】カキツバタが群生する尾瀬ヶ原

    7月、山は初夏です。そして、夏山シーズンが始まる時期です。実際には、梅雨が…

  4. アーベントロートの丹沢山塊

    【今週の1枚】アーベントロートの丹沢山塊

    山が朝日を受けて赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)といい…

  5. 屋久島の淀川

    【今週の1枚】屋久島・淀川の朝

    山が好きな人、自然が好きな人なら、誰もが憧れる(と思う)屋久島。縄文杉や苔…

  6. 秋の燧ケ岳から見下ろしたダケカンバの森

    【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

    森はいいですよね。森は本当に美しいと思います。新緑もいいし、紅葉もいい。そ…

  7. 尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    【今週の1枚】尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    尾瀬ヶ原の写真は、これまで何度も【今週の1枚】で紹介してきましたが、今回は…

  8. ネパール・カトマンズの夕日

    【今週の1枚】ネパール・カトマンズの夕日

    前回に続いて、今回もネパールで撮影した写真を掲載します。首都・カトマンズの…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP