【今週の1枚】岩木山の山頂にかかる白い虹

“白い虹”といえば、尾瀬ヶ原が知られています。このサイトでも、こちらで紹介しています。

でも、白い虹は湿原でなくても現れるんですね。これは、青森県の岩木山山頂に出現した白い虹です。撮影は、2021年の10月中旬でした。

前年の初めからコロナ禍が始まって、県をまたいだ移動が制限される期間が続きました。山小屋が閉鎖されたり大幅に人数制限されたり、登山がしにくい時期でした。

そろそろ我慢の限界、そこで考えたのが日帰りで登れる地方の山へ行くことでした。どうせなら遠くがいいと思って、八甲田山と岩木山へ行きました。

八甲田山は、天気に恵まれて素晴らしい登山ができました。岩木山もよく見えていました。紅葉の毛無岱もバッチリでした。すごく運がいいと思って浮かれていました。

ところが翌日、岩木山へ向かうと山の上半分が雲の中。それでも津軽岩木スカイラインで八合目まで上がり、そこから歩いて山頂を目指しました。しかし案の定、山頂はガスに包まれて何も見えません。

翌朝、再び岩木山を望むポイントまで行ってみると山頂が見えています。津軽岩木スカイラインが開通するのを待って、今度はリフトも使って最短で山頂へ。しかし、最後の急登を登っている間に無情にもまたガスが広がってしまいました。

あきらめきれず、山頂で1時間以上待ちました。ほんの一瞬、雲が切れて下界や日本海の一部を望める瞬間もあったのですが、全天球パノラマ写真を撮ることはできませんでした。

しかし、そうこうしている間に現れたのが、この白い虹です。夢中でカメラに収めました。でも、周囲の人は、白い虹に気が付いていない感じでした。もったいないですね。

ともあれ、2日続けて岩木山に登って、唯一の成果がこの”白い虹”でした。全天球パノラマ写真を撮るために、もう一度、岩木山を訪れたいと思っていますが、この白い虹の写真も悪くない成果だったと思います。

撮影場所:岩木山の山頂
撮影日:2021/10/14

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-八甲田・岩木山
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

裏磐梯の姫沼【今週の1枚】秋色が映える裏磐梯・姫沼

晩秋を迎えた浅間山の外輪山【今週の1枚】晩秋を迎えた浅間山の外輪山

関連記事

  1. 愛鷹山の中腹から見た雲に隠れた富士山

    【今週の1枚】絶景とは”絶望の景色&…

    この写真は一見、平べったい山の上に雲があるように見えるかと思います。でも実…

  2. 宝永山のフチで夕方の絶景

    【今週の1枚】宝永山のフチで夕方の絶景

    今回は、シンプルだけと趣のある1枚を選びました。富士山の中腹にある宝永山の…

  3. 尾瀬ヶ原に群生するカキツバタ

    【今週の1枚】カキツバタが群生する尾瀬ヶ原

    7月、山は初夏です。そして、夏山シーズンが始まる時期です。実際には、梅雨が…

  4. 雲取山の山頂でブルーモーメント

    【今週の1枚】雲取山、夜明け前、青い朝

    この写真は、雲取山の山頂で出会ったブルーモーメントの瞬間です。山の…

  5. 丹沢山地の冬景色

    【今週の1枚】丹沢山地 冬景色

    奥多摩や丹沢など関東南部の山でも、たいてい冬には雪があります。といっても普…

  6. 光り輝くブナの若葉

    【今週の1枚】光り輝くブナの若葉

    5月、北アルプスなどの高山は、まだまだ雪がたっぷりですが、里山から低山は新…

  7. 八ヶ岳の林道

    【今週の1枚】八ヶ岳の森に春が来た

    2002年4月10日、まだ雪が残る八ヶ岳に入山しました。メジャーな登山口の…

  8. 尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    【今週の1枚】尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    山へ行くと、霧に包まれることがよくありますね。山用語ではガスといいますが、…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP