【今週の1枚】朔を伸ばす北八ツのスギゴケ

日本は、雨が多いこともあって各地に苔の名所があります。本州の中央部だと、まずは北八ヶ岳でしょう。この写真は、麦草峠の近くで撮りました。

撮影は9月、苔の瑞々しさを撮るには最適な時期ではなかったかもしれません。しかし、そこは北八ツ、見事に朔(さく)を伸ばした苔を見ることができました。朔とは、照明器具のように伸びている部分で、ここで苔の胞子がつくられます。

苔は何百種類もあって、私はほとんど見分けがつきません。ただ、この苔は最も一般的なスギゴケの仲間です。そのくらいは分かります。

苔を撮るときは、その距離感も大事だと思います。テレビの山番組では、ルーペで苔をのぞき込んだり、スマホのカメラに拡大レンズを付けて写真を撮るテクニックを紹介していたりしますが、アップにし過ぎると何が写っているのか分かりにくくなります。

この写真くらいの距離感だと、小さな世界が森林のようにも見えるし、逆に宇宙感を感じることもあって、私は好きです。

撮影テクニックとしては、このときは三脚でカメラを固定して焦点距離が長いマクロレンズを使っています。マニュアルフォーカス(MF)で中央の朔にピントを合わせて、絞り開放(f/2.8)から少しずつ絞ってf/16まで15枚ほど撮ったうちの1枚です。

あとでパソコンの画面で見比べて、f/5.6の写真を採用しました。絞り開放の方が前後のボケが大きくて幻想的なのですが、これくらい絞ってある方が苔の密度を感じられると思います。

撮影場所:八ヶ岳・麦草峠付近
撮影日:2002/9/18

この近くで撮影した苔の森の写真もあります。
【今週の1枚】北八ツ・苔の森の絶景

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-八ヶ岳
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

富士山八合目のシュールな空【今週の1枚】富士山八合目のシュールな空

甲武信ヶ岳アイキャッチ画像【甲武信ヶ岳】山頂から八ヶ岳に沈む夕日を望む絶景

関連記事

  1. 朝日に染まる熊野灘

    【今週の1枚】朝日に染まる熊野灘

    「山頂から海が見える山」というと珍しい気がするかもしれません。しかし実は、…

  2. 笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    【今週の1枚】笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    今週の1枚は、笠ヶ岳の山頂で撮影した夕日の写真です。太陽の左側に山並みが見…

  3. 尾瀬ヶ原に群生するカキツバタ

    【今週の1枚】カキツバタが群生する尾瀬ヶ原

    7月、山は初夏です。そして、夏山シーズンが始まる時期です。実際には、梅雨が…

  4. アーベントロートの丹沢山塊

    【今週の1枚】アーベントロートの丹沢山塊

    山が朝日を受けて赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)といい…

  5. 屋久島の淀川

    【今週の1枚】屋久島・淀川の朝

    山が好きな人、自然が好きな人なら、誰もが憧れる(と思う)屋久島。縄文杉や苔…

  6. 秋の燧ケ岳から見下ろしたダケカンバの森

    【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

    森はいいですよね。森は本当に美しいと思います。新緑もいいし、紅葉もいい。そ…

  7. 尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    【今週の1枚】尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    尾瀬ヶ原の写真は、これまで何度も【今週の1枚】で紹介してきましたが、今回は…

  8. ネパール・カトマンズの夕日

    【今週の1枚】ネパール・カトマンズの夕日

    前回に続いて、今回もネパールで撮影した写真を掲載します。首都・カトマンズの…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP