【今週の1枚】ダイヤモンド富士@竜ヶ岳

新年一枚目は、山梨県の竜ヶ岳から見たダイヤモンド富士です。竜ヶ岳は、本栖湖のすぐ南にある標高1485mの山。その山頂から、年末年始にダイヤモンド富士を見ることができます。

昨年末は、東京の高尾山から見たダイヤモンド富士の写真を掲載しましたが、こちらは”夕日のダイヤモンド富士”でした。今回の竜ヶ岳は、”朝日のダイヤモンド富士”です。

「ダイヤモンド富士@高尾山」を見る

高尾山のダイヤモンド富士の記事にも書きましたが、富士山の西側では朝日のダイヤモンド富士を見ることができます。東側は夕日のダイヤモンド富士になります。そして、春分や秋分の時期は、ほぼ真西や真東で見ることができて、冬はより北側に、夏はより南側に観測ポイントが移ります。

高尾山のダイヤモンド富士は、ちょうど冬至のころ。竜ヶ岳のダイヤモンド富士は12月末から1月初旬です。つまり、どちらもダイヤモンド富士のほぼ北限ということになります。

今回の1枚を撮影したのは12月29日。太陽の位置が少し山頂の右に寄っています。ちょうど真ん中に来るのは1月1日、つまり初日の出のタイミングだそうです。しかし元旦は、初日の出のダイヤモンド富士を見るために、たくさんの人が山頂に集まるようなので一足早く年末に撮影してきました。

高尾山のときと同様、今回も露出をアンダーに設定しています。実際は、もっと明るくて手前の笹やぶもはっきり見えるのですが、普通の露出で撮ると太陽が明るすぎて山頂部が白く飛んでしまいます。

それと、ダイヤモンド富士は本当に一瞬です。「わ~、来た来た!」と言っている間にグングン太陽が昇ります。短い時間に、露出を変えながら何枚も撮るのがダイヤモンド富士撮影のコツだと思います。

この時期、本栖湖の日の出は午前6時55分ころ。しかし、太陽が富士山に隠れているため、ダイヤモンド富士が見られるのは7時40分過ぎです。7時から7時半くらいの間は、周囲の山々に順番に日が当たるようすを楽しむことができます。特に、雪をかぶった南アルプスの山々は絶品です。

とはいえ、竜ヶ岳でダイヤモンド富士を見るのは少し大変です。本栖湖の湖畔の駐車場から山頂まで登山道を2時間半くらい登ります。早朝5時ころ出発して、遅くとも7時半までに登りきりたいところ。

そのため、歩き始めは真っ暗ですし、朝の冷え込みも厳しいです。山頂に到着後は、さらに寒いです。ダイヤモンド富士を見るために竜ヶ岳に登るときは、万全の準備で臨みましょう。私が行ったときは、山の上の方ではチェーンスパイクか軽アイゼンが必要でした。

撮影場所:竜ヶ岳山頂
撮影日:2022/12/29

ここへ行くのに最適な地図は、
2024-富士山
[PR]この地図をAmazonで見る。

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。

大晦日の夕日【今週の1枚】大晦日の夕日に感謝する

奥高尾から望む元旦の富士【今週の1枚】奥高尾から望む元旦の富士

関連記事

  1. 朔を伸ばすスギゴケ

    【今週の1枚】朔を伸ばす北八ツのスギゴケ

    日本は、雨が多いこともあって各地に苔の名所があります。本州の中央部だと、ま…

  2. 西沢渓谷の落ち葉

    【今週の1枚】落ち葉の美景 in 西沢渓谷

    美しい紅葉というと「見上げる」とか「見渡す」といったイメージかと思います。…

  3. 春の戸隠山と高妻山

    【今週の1枚】春の戸隠山と高妻山

    今回は、春山の風景です。といっても、ご覧のとおり雪景色ですが。正面左のギザ…

  4. 初冬の淵 in 奥多摩

    【今週の1枚】初冬の淵 in 奥多摩

    この写真は、こちらで紹介した海沢大滝へ行く途中で撮影したものです。奥多摩三…

  5. 秋の燧ケ岳から見下ろしたダケカンバの森

    【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

    森はいいですよね。森は本当に美しいと思います。新緑もいいし、紅葉もいい。そ…

  6. 丹沢山地の冬景色

    【今週の1枚】丹沢山地 冬景色

    奥多摩や丹沢など関東南部の山でも、たいてい冬には雪があります。といっても普…

  7. 高尾山の麓で撮ったモミジ

    【今週の1枚】単焦点レンズで撮った最後の紅葉

    今回は、12月中旬に高尾山の麓(ふもと)で撮ったモミジの写真です。この写真…

  8. 東天狗の山頂とシュカブラ

    【今週の1枚】東天狗の山頂とシュカブラ

    ここは、北八ヶ岳にある東天狗岳の山頂直下です。上の方に、山頂の標識が見えて…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP