【今週の1枚】ネパールは裏山さえも超絶景

今回は、海外の山の写真です。2001年4月、知人に誘われてネパールのエベレスト街道を歩くツアーに参加したとき撮影しました。

ネパールの首都・カトマンズからルクラという町まで飛行機で移動して、そこからトレッキングを始めます。このときのツアーは、有名なナムチェバザールを通過して、その先にあるタンボチェという集落まで往復するものでした。

タンボチェは小高い丘の上にあって、そこからエベレストとローツェ(世界で4番目に高い山)を望むことができます。その写真は、こちらで。

ネパールの山間部を歩くツアーは、そうした旅行を得意とするツアー会社がいろいろ企画しています。ルクラからタンボチェまで往復するツアーは、ネパール・トレッキングの入門編のような定番コースです。

とはいえ、タンボチェの標高は3867m、富士山の山頂より高い場所で一泊するので高山病のリスクがあります。私も、風邪のような症状に見舞われて頭痛と食欲不振、さらに足に力が入らなくなって復路は難儀しました。

ちなみに、このコースをさらに奥へ進むとエベレスト登山のベースキャンプへと続いています。その手前を左に折れるとエベレストの展望台として有名なカラ・パタール(標高5545m)に登ることができます。カラ・パタールまで行くツアーもありますが、高度順応が必須なので日数がかかります。

さて今回の写真ですが、ルクラから歩き始めて最初の宿泊地だったパクディンで撮影したと記憶しています。朝、出発の準備をしていると三角形の岩山に朝日があたって実にカッコいい。

ネパール人のガイドに山の名前を聞いたのですが「知らない」という。結局、ツアー参加者(日本人)の間で「あれは、パクディンの裏山だろう」ということで話が落ち着きました。もちろん、実際には名前があると思います。

この辺りには標高6000m以上の著名な山がたくさんあります。それに比べたら、この山は集落に近い低山なのでしょう。ネパールでは、よくある山のひとつなのかもしれません。

しかし、もしも日本にこんな岩山があったら名山として崇められたことでしょう。「さすが、世界のヒマラヤ、恐るべし」と思ったしだいです。

※この山の名前を知っている人がいたら、こちらから教えて頂けると幸いです。

撮影場所:ネパール・パクディン周辺
撮影日:2001/4/17

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。

八ヶ岳・横岳と大同心【今週の1枚】八ヶ岳・横岳と大同心

武甲山タイトル写真1【武甲山】幻の山頂越しに秩父の街と北関東の山を望む

関連記事

  1. 夏空を映す尾瀬ヶ原の池塘

    【今週の1枚】夏空を映す尾瀬ヶ原の池塘

    尾瀬には複数の入山口がありますが、私が最も多く利用しているのは群馬県側の鳩…

  2. 富士山八合目のシュールな空

    【今週の1枚】富士山八合目のシュールな空

    この写真は、富士山の八合目付近にある山小屋の前で撮った夕方の景色です。…

  3. 甲武信小屋前の御来光

    【今週の1枚】絶品! 甲武信小屋前の御来光

    今週の1枚は、甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)の山頂直下にある山小屋の前で撮った…

  4. 韮崎市から見た八ヶ岳

    【今週の1枚】いつもと違う八ヶ岳との出会い

    山は、見る方向によって形が変わります。山が好きな人なら、ご存じのことだと思…

  5. 渓流を覆うモミジの若葉

    【今週の1枚】渓流を覆うモミジの若葉

    "紅葉"と書いて「こうよう」と読むのが一般的ですが、「モミジ」とも読むこと…

  6. 尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    【今週の1枚】尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    山へ行くと、霧に包まれることがよくありますね。山用語ではガスといいますが、…

  7. 森の中の小さな絶景

    【今週の1枚】森の中の小さな絶景

    このサイト『絶景360』では、主に著名な山の絶景写真を紹介しています。もち…

  8. ソメイヨシノ

    【今週の1枚】春の象徴・ソメイヨシノ

    今回は、桜の花です。撮影場所は東京・世田谷区。特に桜の名所でもなければ大き…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP