【今週の1枚】ネパール・カトマンズの夕日

前回に続いて、今回もネパールで撮影した写真を掲載します。首都・カトマンズのホテルで見た夕景です。前回のネパール・パクディンの山の写真は、こちら

2001年4月、知人に誘われて私はエベレスト街道を歩くツアーに参加しました。わずか8日間という、この手のツアーとしては短いものでしたが、日程どおりにトレッキングを終えることができて予備日もありました。

今回の写真を撮ったのは、トレッキングが終わってカトマンズに戻った日だったと思います。ホテルの部屋で一息ついていると窓の外がいい感じの色になってきました。

そこでカメラを取り出して、おもむろに数枚撮影したうちの1枚です。うまい具合に鳥が入って印象深い写真になりました。

このときは、日本でよくある太陽が丸く見える夕日ではなく、光がボワーっと拡散したような夕景でした。これは、カトマンズの空気が影響していると思います。

空気中のチリやホコリが多いと、光が拡散して、ぼんやりした夕日になります。そして、色も赤味が強くなります。最近の状況は知りませんが、当時はまだ未舗装の道路も多くてカトマンズの町全体が日本に比べると雑然としていました。

海外の夕日で、もうひとつ印象に残っているのがスペインの首都・マドリードで遭遇した夕方の景色です。西日が道路に長い長い影を落とし、やはり日本の夕日とは色味が違いました。

あとで聞くと、マドリードは標高が高くて西側の標高が低い、そして湿度が低くて砂漠に近い気候なのだそうです。そのため、夕日が低い位置から差し込んで長い影を引く。また、空気が乾燥しているため日本とは光の具合が異なるとのことでした。

太陽はひとつ、場所によって光かたを変えているわけではありません。しかし、地上の環境によって夕日の見え方が変わるのは興味深い話だと思います。

地球上では今この瞬間も、どこかで朝日が昇っていて、夕日が沈んでいます。それを思うと、絶景大好き人間としては、いてもたってもいられない気持ちになります。旅に出たい、絶景に会いたい…

撮影場所:ネパール・カトマンズ市内
撮影日:2001/4/21

※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。

武甲山タイトル写真1【武甲山】幻の山頂越しに秩父の街と北関東の山を望む

渓流を覆うモミジの若葉【今週の1枚】渓流を覆うモミジの若葉

関連記事

  1. 西沢渓谷の大久保ノ滝

    【今週の1枚】初夏の緑と西沢渓谷・大久保ノ滝

    今回の写真は、山梨県北部の西沢渓谷にある大久保ノ滝です。西沢渓谷は…

  2. 笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    【今週の1枚】笠ヶ岳から望む白山に沈む夕日

    今週の1枚は、笠ヶ岳の山頂で撮影した夕日の写真です。太陽の左側に山並みが見…

  3. 尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    【今週の1枚】尾瀬ヶ原の霧が晴れる瞬間

    山へ行くと、霧に包まれることがよくありますね。山用語ではガスといいますが、…

  4. アーベントロートの丹沢山塊

    【今週の1枚】アーベントロートの丹沢山塊

    山が朝日を受けて赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)といい…

  5. 屋久島の淀川

    【今週の1枚】屋久島・淀川の朝

    山が好きな人、自然が好きな人なら、誰もが憧れる(と思う)屋久島。縄文杉や苔…

  6. 秋の燧ケ岳から見下ろしたダケカンバの森

    【今週の1枚】晩秋の森はシンフォニー

    森はいいですよね。森は本当に美しいと思います。新緑もいいし、紅葉もいい。そ…

  7. 尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    【今週の1枚】尾瀬の池塘に映る逆さ至仏山

    尾瀬ヶ原の写真は、これまで何度も【今週の1枚】で紹介してきましたが、今回は…

  8. 渓流を覆うモミジの若葉

    【今週の1枚】渓流を覆うモミジの若葉

    "紅葉"と書いて「こうよう」と読むのが一般的ですが、「モミジ」とも読むこと…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP