menu

【高尾山】ミシュランガイドに載った標高599mの世界一の山

東京の郊外・八王子市にある高尾山は、標高わずか599mにもかかわらず極めて人気が高い。それには、いくつかの理由がある。

写真1:小仏城山から見た早春の高尾山。こうして見ると何の変哲もない低山。奥に広がるのは八王子市街から横浜方面。(撮影:2020/3/017)

写真2:小仏城山から見た初夏の高尾山。梅雨に入って緑が濃くなった。天気のおかげで平凡な山容が少し絶景らしく見える。(撮影:2020/6/24)

写真3:八王子市内から見た夏の高尾山(右寄りのピーク)。左には、雲をまとった丹沢の大室山と富士山が見える。(撮影:2021/8/10)

■年間260万人以上が登る世界一登山者が多い山。

2007年、あのミシュランガイドの三ツ星観光地に選定されて、ますます知名度を上げた高尾山。高尾山を訪れる人は年間260万人を超えるといわれています。これだけ人気が高いのは、さまざまな理由があります。

まず、都心からのアクセスがよくて登りやすいこと。新宿から京王線で高尾山口駅まで1時間弱。そして、駅から5分も歩けば登山口。高尾山には複数の登山道があって、どのコースでも山頂まで1時間半くらい。また、ケーブルカーやリフトを使えば、もっと楽に尾根まで上がることができます。

次に、開山から1300年近い高尾山薬王院があって、信仰の山として自然が保護されてきたこと。薬王院は真言宗智山派の関東三大本山のひとつで、お参りのために訪れる人もたくさんいます。お堂や仏教関連の施設も多く、お寺が好きな人にとっても楽しい場所です。

そして、少しマニアックな話ですが、実は高尾山が日本における照葉樹林と広葉樹林と針葉樹林の境目で非常に植生が豊か。高尾山で最初に発見された植物も多く、作家・田中澄江の「花の百名山」にも選ばれています。

実際、登山道を歩いていても、いろいろな花や植物に出会えます。冬は、氷(霜)の花なんていう名物に遭遇することもあります。

さらに2020年には、高尾山と周辺の文化財が東京で唯一、文化庁の日本遺産に認定されました。タイトルは「霊氣満山(れいきまんざん)高尾山 ~人々の祈りが紡ぐ桑都(そうと)物語」。

とはいえ、高尾山の山容をイメージできる人は少ないと思います。タイトル写真を見ても分かるように、とにかく標高が低くて山の形に特徴がありません。同定するのは、なかなか難しいです。

しかし、高くなくても、尖がってなくても、世界一になれるんですね。では、まず早朝の山頂で撮影した360°全天球パノラマ写真をご覧ください。

※画面左下のTHETAの文字をクリックすると、よりワイドな画面でご覧いただけます。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

秋の早朝、高尾山の山頂で全天球パノラマ写真(2016/11/18)
高尾山の山頂は広い広場になっていて、ほぼ観光地。初日の出のときや紅葉シーズンは、この広場が人で埋まる。

■山頂の喧騒を離れて山らしさを味わえる、もみじ台。

このサイトの来訪者の中には、もっと山らしい雰囲気を味わいたいという人が多いと思います。そんな人にお勧めなのが、高尾山の山頂から奥高尾方向へ10分ほど歩いたところにある、もみじ台です。

個人的には、もみじ台が高尾山で最高のビューポイントだと思います。本当は人に教えたくない、お気に入りスポットです。観光客が多い山頂を避けて、いつもここでお昼を食べます。

※画面左下のTHETAの文字をクリックすると、よりワイドな画面でご覧いただけます。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

紅葉真っ盛りのもみじ台で全天球パノラマ写真(2016/11/18)
相模湖の向こうに丹沢や富士山を望むことができる。

■山だけじゃない、高尾山の見どころ。

高尾山の登山口広場
京王線の高尾山口駅から徒歩約5分の登山口広場。左側の建物がケーブルカー乗り場。この左側に、登山道6号路と稲荷山コースの入口がある。メインの1号路は、少し手前の右側の舗装路を行く。
高尾山の浄心門
尾根まで登って少し行くと浄心門という山門があって、ここからが薬王院。門には「霊氣満山」の額がある。なお、この先に、さらに立派な山門がある。
高尾山のシャクナゲと神変堂
浄心門をくぐると、すぐ左に神変堂がある。ここには、修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が祀られている。左右の前鬼と後鬼にも注目。手前の花はシャクナゲ。
高尾山仏舎利塔近くの紅葉
右手の高台には仏舎利塔があって、人が少ない静かで美しい広場になっている。新緑の季節も紅葉の時期も魅力的な場所だ。
高尾山薬王院の本堂
薬王院の本堂。初詣のときは、すごく混む。山頂へ行くには左手の階段を上る。右側に進むと、縁結びの愛染堂や八十八ヵ所巡りができる大師堂などがある。
高尾山薬王院の本社
本堂の上にある本社、飯縄権現が祀られている。薬王院はお寺なのに、本社の前には鳥居がある。ここまで来ると、だいぶ人が減って静かな雰囲気で落ち着いてお参りできる。
高尾山薬王院の本社裏の紅葉
本社を右に回り込んだところで撮った、みごとな紅葉。この先、急な階段を上ったところに奥の院があり、その裏に富士浅間社がある。小さな社だけど、高尾山と富士信仰の縁は深い。山好きなら浅間社にも立ち寄りたい。
高尾山山頂の大見晴台から見た富士山
山頂広場の西の端に大見晴台があって、天気がいいと富士山を望める。ただし、くっきり見えるのは稀。秋から冬の午前中は見える可能性が高い。昼過ぎには、たいてい雲に隠れてしまう。
高尾山で撮影したオオカメノキ
高尾山は植生が豊か。さまざまな植物を観察したり写真に撮ったりするのも楽しい。これは、7月に撮影したオオカメノキの枝。
高尾山口駅の近くで撮影した紅葉
こちらは、高尾山口駅の近くで12月に撮った、この年最後の紅葉。東京では年々紅葉の時期が遅くなっていて、高尾山の紅葉は11月ごろ。

■ベストシーズンは春夏秋冬、とは言うものの…

高尾山へのアクセスに最適な京王線を運行している京王電鉄は、駅に高尾山をPRするポスターを貼っています。その2021年版に、「ベストシーズンは、春夏秋冬です。高尾山」というコピーがありました。

実際、高尾山には一年中多くの人が登っています。最も混むのは初詣のとき、特に1月1日の未明ですが、これは特別。登山者が多いのは、新緑がまぶしいゴールデンウイークの時期と紅葉が美しい11月ころ。ケーブルカーに長蛇の列ができるほか、一部の登山道が一方通行になったりします。

避けたいのは、真夏。山は涼しいというイメージがあるかもしれませんが、高尾山の標高は599m。この高さだと、平地の気温と変わりません。都内が真夏日なら、高尾山も真夏日。登山は屋外の激しい運動なので危険です。

私が個人的に好きなのは冬。落ち葉を踏みながら、人が少ない陽だまりを歩くと気持ちが落ち着きます。ただし、防寒対策は十分に。都内より10度くらい気温が低いので、万が一、遭難などあると大変なことになります。

それと、ケーブルカーで上がって薬王院へ行くだけなら、革靴やスカートの人もいます。しかし、山頂まで行くなら少なくともスニーカーで。それ以外の登山道を歩くなら、トレッキングシューズか軽登山靴が必要です。かつて、厚底の靴が流行ったころ、厚底ブーツで稲荷山コースを下ろうとして急坂で立ち往生、半泣きの女子を見たことがあります。

エリア:関東南部

アクセス
①京王線の高尾山口駅から登山口まで徒歩5分。複数の登山コースがあって、どれを行っても山頂まで1時間半ほど。薬王院にお参りするならプラス30分くらい。ケーブルカーかリフトで尾根筋まで上がることもできる。
②陣馬山から景信山や小仏城山を経由して高尾山まで縦走できる。しかし、1日がかりで登山装備が必須。朝早めにJR中央線の高尾駅からバスで陣馬高原下まで行って、まず陣馬山を目指す。
③このほか、小仏城山や景信山、明王峠などに通じる登山道がたくさんある。これらを登り、尾根に出てから高尾山へ向かう人も多い。

50音順インデックス
エリア別インデックス

甲斐駒ヶ岳【甲斐駒ヶ岳】とても格好いい、南アルプス最北の百名山

石老山の中腹から見た陣馬山【陣馬山】あの高尾山より気持ちいい!? 展望のいい山頂を堪能する

関連記事

  1. 白出のコル

    【白出のコル】穂高連峰の稜線から望むご来光の絶景…

    白出(しらだし)のコルは、北アルプス南部、穂高連峰のほぼ中央にある鞍部。も…

  2. 甲斐駒ヶ岳

    【甲斐駒ヶ岳】とても格好いい、南アルプス最北の百…

    山梨と長野の県境にある甲斐駒ヶ岳は、南アルプスのなかで最も北にある百名山。…

  3. 甲斐駒ヶ岳から見た仙丈ケ岳

    【仙丈ヶ岳】南アルプスの女王の素顔、その山頂から…

    仙丈ヶ岳は、南アルプス北部、北沢峠を挟んで甲斐駒ケ岳と向かいあう百名山で、…

  4. 上高地写真1

    【上高地】槍穂の玄関口、河童橋から吊尾根を望む絶…

    山に登らなくても絶景を楽しめる上高地は、北アルプスの南部、長野県松本市…

  5. 石老山の中腹から見た陣馬山

    【陣馬山】あの高尾山より気持ちいい!? 展望のい…

    東京と神奈川の堺に位置する陣馬山。標高は855mで、知名度はイマイチかもし…

  6. 七ツ石山アイキャッチ画像

    【七ッ石山】奥多摩の名峰から雲取山と石尾根を一望…

    七ツ石山は、奥多摩の名峰のひとつ。東京都最西部、石尾根の奥部にあって、西側…

  7. 奥穂高岳と涸沢岳

    【奥穂高岳】北アルプス最高峰から望む秋晴れの絶景…

    奥穂高岳の山頂は、北アルプス・穂高連峰の最高地点。槍ヶ岳とともに槍・穂高連…

  8. 小雲取山2

    【小雲取山】奥多摩の樹木に囲まれた癒しの山頂空間…

    東京の西部、奥多摩にある小雲取山(こくもとりやま)を紹介します。紀伊半島の…

姉妹サイト『事例s』へ

おすすめ記事

  1. 甲斐駒ヶ岳
  2. 前穂高岳 写真1
  3. 甲斐駒ヶ岳から見た仙丈ケ岳
  4. 奥穂高岳と涸沢岳
  5. 白出のコル
  6. 上高地写真1
  7. エベレストとローツェ

カテゴリー

PAGE TOP