【杉ヶ峰】南蔵王縦走コースから蔵王山の全容を眺める

杉ヶ峰タイトル荒々しい火口の風景と御釜(火口湖)が魅力の蔵王山。その南側にある杉ヶ峰からは、雄大な蔵王山の全容を見ることができる。ぜひ立ち寄りたい山だ。

杉ヶ峰タイトル写真1写真1:刈田岳から見た南蔵王の山々。右側の朝日が当たっている山が杉ヶ峰。その後ろが南屏風岳、中央が屏風岳、左端は後烏帽子岳。(撮影:2022/10/19)

杉ヶ峰タイトル写真2写真2:蔵王エコーラインの刈田峠付近から見た杉ヶ峰。すぐ右に突き出しているのは前山。左奥に見えるのは屏風岳。(撮影:2022/10/19)

杉ヶ峰タイトル写真3写真3:南蔵王縦走コースの屏風岳の中腹から見た杉ヶ峰。手前の草原状の場所は芝草平。右奥に蔵王山が見えている。(撮影:2022/10/19)

※タイトル画像は5秒ごとに変わります。
※このサイトには、Google AdSenseから配信された広告が表示されています。
※この記事には、アフィリエイト広告が含まれています。


蔵王山の大きさを目の当たりにできる展望台


宮城と山形の県境に位置する蔵王山は、東北を代表する山のひとつ。山頂近くまで車で行けて、日本百名山の中でも比較的容易に登頂できる山です。

なんと、山頂直下の駐車場から徒歩5分で荒涼とした火口の風景と御釜(おかま)と呼ばれる火口湖を見ることができます。また、スキーやスノボ、樹氷(アイスモンスター/スノーモンスター)のメッカとして冬も人気が高い山です。

雪のない時期、駐車場から最高峰の熊野岳まで往復しても1時間半くらい。もちろん麓から登ることもできますが、山歩きとしては少々もの足りない感じがします。

そこでお勧めしたいのが、蔵王山の南北に伸びる稜線ルートです。北には北蔵王縦走コースが、南には南蔵王縦走コースがあって、しっかり稜線歩きを楽しめます(私はまだ、北は歩いていませんが)。

私が蔵王へ行ったのは2022年10月19日。未明に刈田岳直下の駐車場に着いて、刈田岳で御来光を撮影。それから熊野岳まで往復しました。途中、撮影のために立ち止まることが多いのでコースタイムより時間がかかりましたが、それでも駐車場に戻ったのは午前9時ころ。まだまだ十分に時間があります。

そこで、南蔵王縦走コースに入って屏風岳を目指しました。その途中で最も感動したのが、この杉ヶ峰です。山頂が開けていて、左右に大きく裾野を広げた蔵王山の全容を見ることができます。

ときは秋、手前に紅葉を入れて撮った蔵王山の全容は、以下の記事で見ることができます(タイトル写真3枚目)。

【蔵王山】朝日に染まる熊野岳と火口湖の絶景

以下の360°全天球パノラマ写真では、蔵王山だけでなく南蔵王縦走コースの山並も見ることができます。撮影者の影の先にあるのが蔵王山で、後方(太陽がある方)には屏風岳と南屏風岳が写っています。その横には、飯豊連峰も遠望できます。

※画面左下のTHETAの文字をクリック(タップ)すると、よりワイドな画面でパノラマ写真を見ることができます。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

杉ヶ峰の山頂で360°全天球パノラマ写真(撮影:2022/10/19)

このあと屏風岳まで行ったのですが、そこまで行くと蔵王山が遠くなり、山頂からの展望は東側だけでした。しかも雲が湧いて展望が悪くなったので、そこから先へ進むのは断念しました。

ただ、屏風岳や不忘山を一巡するコースは、山歩きとして十分に楽しいだろうと思いました。また、杉ヶ峰と屏風岳の鞍部にある芝草平という湿原がすばらしいです。縦走ルートから少しだけ外れますが、ぜひ立ち寄りたい名所だと思います。

杉ヶ峰へのアクセス

エリア:東北南部

この山へ行くのに最適な地図は、
2024-蔵王
[PR]この地図をAmazonで見る。


①宮城県側は蔵王町から、山形県側は上山市から、車で蔵王エコーラインを走って刈田峠へ。蔵王ハイラインへの分岐(刈田峠)にある駐車スペースに車を停めて、蔵王山の反対側にある南蔵王登山口を入る。そこからコースタイムで1時間10分。数は少ないが刈田峠までバスもある。

②南側の、みやぎ蔵王白石スキー場から不忘山、南屏風岳、屏風岳を経て杉ヶ峰へ至る縦走ルートもある。その先、刈田峠を経て蔵王山へ行ける。

50音順インデックス
エリア別インデックス

蔵王山タイトル写真1【蔵王山】朝日に染まる熊野岳と火口湖の絶景

三ツ峠山から見た夜明け前の富士山【今週の1枚】黎明の富士

関連記事

  1. 赤岳タイトル写真1

    【赤岳】八ヶ岳の主峰で御来光の絶景を堪能

    八ヶ岳は、たくさんの頂がある山群。その主峰で最高峰の赤岳(あかだけ)は、見…

  2. 北岳タイトル写真5

    【北岳】日本第2位の高峰で富士山を眺める絶景

    南アルプス北部にある北岳は日本で2番目に高い山。一般的な知名度はイマイチ感…

  3. 三宝山タイトル写真1

    【三宝山】埼玉県の最高峰は三宝石からの展望がスゴ…

    埼玉県と長野県の境にある三宝山(さんぽうさん)は埼玉県の最高峰です。山頂南…

  4. 高尾山アイキャッチ画像

    【高尾山】ミシュランガイドに載った標高599mの…

    東京の郊外・八王子市にある高尾山は、標高わずか599mにもかかわらず極めて…

  5. 車山タイトル写真1

    【車山】霧ヶ峰の最高点で御来光の絶景を味わう

    日本百名山のひとつ、長野県の霧ヶ峰。その最高地点が車山の山頂です。初心者で…

  6. 大山タイトル写真1

    【大山】伯耆富士の稜線で日本海に飛び込むような絶…

    大山(だいせん)は、中国地方で唯一の日本百名山。伯耆(ほうき)富士とも呼ば…

  7. 奥穂高岳と涸沢岳

    【奥穂高岳】北アルプス最高峰から望む秋晴れの絶景…

    奥穂高岳の山頂は、北アルプス・穂高連峰の最高地点。槍ヶ岳とともに槍・穂高連…

  8. 蓼科山タイトル写真1

    【蓼科山】初冠雪した山頂で諏訪富士を満喫する

    八ヶ岳の北端に位置する蓼科山(たてしなやま)。諏訪富士とも呼ばれ日本百名山…

おすすめ記事

  1. 鳥海山タイトル写真8
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP