【月山】2つの山頂で夏山の絶景を堪能する

月山タイトル月山(がっさん)は、山形県のほぼ中央に位置する日本百名山。山頂はちょっと特殊ですが、2つ目の山頂から素晴らしい景色を見ることができる。

月山タイトル写真1写真1:鳥海山の山頂部から見た夜明け前の月山。半月状の山といわれるが、北側から見ると三角形で霊峰の雰囲気が漂う。(撮影:2023/8/10)

月山タイトル写真2写真2:月山の北側、八合目登山口の脇にある湿原・弥陀ヶ原から見た月山の山頂部。この日は風が強く、山頂は雲の中だった。(撮影:2023/8/8)

月山タイトル写真3写真3:月山の中腹にある姥ヶ岳山頂付近から見た月山の山頂部。西側からは、たおやかで大きな山容を望むことができる。(撮影:2023/8/11)

月山タイトル写真4写真4:月山の山頂部は開けている。その端の小高い尖がりが山頂で月山神社がある。山頂の左奥に見えるのは鳥海山。(撮影:2023/8/11)

*タイトル画像は5秒ごとに変わります。


信仰の山から日帰りハイクの山へ


月山(がっさん)と聞いて、思い浮かべるイメージは人それぞれだと思います。

歴史的には、出羽三山(でわさんざん)のひとつで信仰の山として知られています。羽黒山(はぐろさん)、月山、湯殿山(ゆどのさん)を巡ることで生まれ変わることができるとされています。

私も、月山を訪ねた際に出羽三山を訪ねました。しかし、羽黒山は山頂部まで車で登れて、少し歩いて神社にお参りするだけ。湯殿山は、山に登ることはできません。山腹にお湯が湧く神社があって、そこにお参りします。出羽三山のなかで登山を楽しめるのは月山だけです。

ウインタースポーツが好きな人にとって月山は、夏スキーの山というイメージかと思います。豪雪地帯にあるため、冬の間は雪が多すぎてスキー場を開設することができません。例年、ゴールデンウィークから7月までスキーを楽しめる場所として知られています。

そして、その夏の頃から登山シーズンが本番となります。私が行ったのは8月で、さまざまな高山植物を見て楽しむことができました。

月山は、日本百名山にも花の百名山にも選ばれていて、山頂直下には山小屋もあります。しかし現在では、日帰りで手軽な山歩きを楽しめる山となっています。特に、夏でも動いている月山スキー場のリフトを使うと、山頂まで2時間半ほどで行けます。

そんな月山の山頂部は、広々とした平地になっています。その北側に三角形に尖ったところがあって、そこが山頂(最高地点)です。そこには石段があって、その上に建物が見えます。月山神社です。

山頂に神社や祠がある山は珍しくありませんが、たいてい山頂の碑と建物は少し離れています。しかし月山では、まさに山頂に神社があって、山頂へ行くには参拝料を払って神社の中に入る必要があります。しかも、そこは塀に囲まれていて展望はありません。さらに写真撮影が禁止されています。

そこで、ますは山頂へと至る石段の途中で撮った360°全天球パノラマ写真をご覧ください。

※左下のTHETAの文字をクリック(タップ)すると、よりワイドな画面で見ることができます。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

月山神社奥宮の手前で全天球パノラマ写真(撮影:2023/8/11)

しかし、展望を楽しみに山に登ったのに、これではちょっと消化不良な感じがします。でも、ご安心を。山頂から少し北側、月山八合目登山口の方向へ数十メートル進むと、稜線へと至る踏み跡があります(私が行ったときは標識はありませんでした)。

そこを登ると、月山の三角点があります。登山者にとっては、ここも月山の山頂なんですね。しかも、展望があります。では、2つ目の山頂での全天球パノラマ写真をどうぞ。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

月山の三角点で全天球パノラマ写真(撮影:2023/8/11)

さらに、もうひとつ。頂上小屋の前から湯殿山登山口方面へ少し歩いたところに岩場があって、ここでも気持ちいい展望を楽しむことができます。とくに、月山神社がある山頂部の眺めはここがベストじゃないでしょうか。山頂の左側には日本海も見えています。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

山頂部西側の岩場で全天球パノラマ写真(撮影:2023/8/11)

月山へのアクセス

エリア:東北

①一般的なのは南西側の姥沢から入るルートで、月山スキー場のリフトで上駅まで上がることができる。真っすぐ月山の山頂を目指すなら牛首下分岐を経由して牛首へ。そこから鍛冶月光と呼ばれる急坂になるが、これを登り切れば山頂は近い。リフト上駅から姥ヶ岳に登り、そこから尾根沿いに牛首を目指すのもいい。リフトを利用しない場合は、姥沢のバス停や駐車場から牛首下分岐まで続く登山道がある。

②北側の月山八合目登山口から尾根沿いに登るルートもいい。登山口の横に弥陀ヶ原という湿原が広がっていて、この湿原も併せて楽しみたい。月山への道は全体的になだらかで歩きやすい。ただ、羽黒山方面から八合目登山口まで長い山道を車で走る必要がある。登山シーズン中はバスもある。

③西側の湯殿山からのルートは、月光坂などの急登が続いて登山らしさを味わえるという。私はまだ登ったことがないものの、次に月山へ行ったら、ぜひトライしたいコース。

④このほか、東側や南東から月山へ至る登山道があるが、かなり距離が長い。日帰りは難しいと思われる。

50音順インデックス
エリア別インデックス

姥ヶ岳タイトル写真2【姥ヶ岳】わずか30分で月山と日本海を望む絶景

夕暮れの母子島遊水地【今週の1枚】夕暮れの母子島遊水地

関連記事

  1. 瑞牆山タイトル写真2

    【瑞牆山】奇抜さナンバーワンの山は頂上の展望も抜…

    山梨県と埼玉県・長野県の境を東西に走る奥秩父山塊。その西端にある瑞牆山(み…

  2. 上高地写真1

    【上高地】槍穂の玄関口、河童橋から吊尾根を望む絶…

    山に登らなくても絶景を楽しめる上高地は、北アルプスの南部、長野県松本市にあ…

  3. 剱岳タイトル写真4

    【剱岳】登頂不可能とされた山の頂から360°の絶…

    多くの登山者に畏敬の念、あるいは畏怖の念を抱かせる力がある。剱岳(つるぎだ…

  4. 鷲ヶ峰タイトル写真2

    【鷲ヶ峰】霧ヶ峰の北端で全アルプスを展望する

    霧ヶ峰の北西部にある八島ヶ原湿原。その入口から北の方(湿原の左方向)を見る…

  5. 大日岩タイトル写真1

    【大日岩】金峰山の中腹にある巨大な岩の塊から望む…

    奥秩父の盟主といわれる金峰山。その西側の尾根を行く本格的な山登りコースのほ…

  6. 蓼科山タイトル写真1

    【蓼科山】初冠雪した山頂で諏訪富士を満喫する

    八ヶ岳の北端に位置する蓼科山(たてしなやま)。諏訪富士とも呼ばれ日本百名山…

  7. 姥ヶ岳タイトル写真2

    【姥ヶ岳】わずか30分で月山と日本海を望む絶景

    月山の中腹にある姥ヶ岳(うばがたけ)。リフトを利用すれば、約30分の登りで…

  8. 高尾山アイキャッチ画像

    【高尾山】ミシュランガイドに載った標高599mの…

    東京の郊外・八王子市にある高尾山は、標高わずか599mにもかかわらず極めて…

おすすめ記事

  1. 天狗岳タイトル写真3
  2. 赤岳タイトル写真1
  3. 槍ヶ岳から見た山並
  4. 雨飾山の登山道
  5. 北岳タイトル写真5
  6. 剱岳タイトル写真4
  7. 槍ヶ岳タイトル写真4
  8. 奥穂高岳と涸沢岳
PAGE TOP