【小雲取山】奥多摩の樹木に囲まれた癒しの山頂空間を味わう

東京の西部、奥多摩にある小雲取山(こくもとりやま)を紹介します。紀伊半島の熊野古道・中辺路にある小雲取山とは別の山です。

写真1:奥多摩の七ツ石山から見た雲取山。その山頂のすぐ下、もうひとつ三角形の山形に見えるのが小雲取山です。(撮影:2017/5/23)

写真2:実際にはピークらしい場所はありません。実は、この小高い丘のようなところが小雲取山の山頂です。(撮影:2017/5/23)

*タイトル画像は5秒ごとに変わります。


顕著なピークはないものの、ぜひ小雲取山の山頂に立ち寄りたい。

小雲取山というと、和歌山県の小雲取越えの方が有名なようですね。私は関東在住なので、Googleで検索して初めて知りました。しかし、この記事では奥多摩の小雲取山を紹介しています。

東京の西の端、山梨県と埼玉県との境に雲取山(くもとりやま)があります。東京都の最高峰で、深田久弥の日本百名山にも選ばれている山です。

その雲取山の展望台ともいえる七ツ石山(ななついしやま)から見ると、雲取山のピークのすぐ下に、もうひとつ三角形の山の形が見えることがあります。たぶん、ここが小雲取山です(あまり自信がない)。

というのも、実際にその場所へ行くと、山頂らしきものはなく山頂の標識も見当たりません。休憩にちょうどいい登山道分岐があるだけです。

しかし実は、タイトル写真2の小高い丘のような場所が小雲取山で、左手に笹の踏み跡があります。そこを登ること1分足らずで、樹木に囲まれた小雲取山の山頂に到達します。

目印は小さな手作りの標識だけ、標高は1936mです。私が行ったとき(2017年5月)は、山頂の一角に小さな標識がぶら下げられていました。

小雲取山の山頂標識

では、全天球パノラマ写真ですが、まずは山頂の丘の前で一枚。ここも展望が良くて気持ちいい場所です。

※2枚とも、画面左下のTHETAの文字をクリックすると、よりワイドな画面でご覧いただけます。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

小雲取山の前で全天球パノラマ写真(2017/5/23)

次に、丘を登って小雲取山の山頂で撮った全天球パノラマ写真です。

この写真は、Webサイト『絶景360』の一部です。『絶景360』は、こちら(https://zk360.site)からご覧いただけます。 – Spherical Image – RICOH THETA

小雲取山の山頂で全天球パノラマ写真(2017/5/23)

2枚目の全天球パノラマ写真では、ぜひ空を見てほしいと思います。画面を下方向にスクロールさせると真上を見ることができます。

私たち人間は、この空の下、木々に囲まれて、何千年、何万年と命をつないで来ました。遠くまで見渡せる岩稜のピークもいいですが、こんな安らぎを感じる山頂も味わい深いと思います。

なお、このように山として名前がついているものの、実際には顕著な山頂がない例は他にもあります。たとえば、北アルプスの前常念や富士山の中腹にある宝永山も、山頂とされる場所へ行ってみるとピークはありません。しかし、どちらも麓から見上げると山に見えるんですね。

小雲取山へのアクセス

エリア:関東南部・奥多摩

①JR奥多摩駅から鍾乳洞行きのバスで中日原(土日は東日原止まり)まで行き、日原林道を歩いて大クビレ尾根を登る。そして、小雲取山へ至るのが最短ルートと思われる。なお、このコースは登山道が崩落等で閉鎖されることがある。日原林道は一般車通行止め。

②JR奥多摩駅から鴨沢西行きか丹波(たば)行きのバスに乗り、鴨沢(かもさわ)で下車。そこから七ツ石山を経て小雲取山へ至るのもいい。その先の雲取山まで、普通の登山者なら1日で行ける。車の場合は、加茂神社の脇から林道を登ったところに村営登山者駐車場がある。

③JR奥多摩駅から石尾根を歩き、六ツ石山、鷹ノ巣山、七ツ石山を経てへ雲取山へ至るのは魅力的なロングコース。雲取山の手前で小雲取山を通過する。ただし一般的な登山者は、途中の七ツ石小屋で一泊するのが現実的。奥多摩小屋は2019年3月に営業終了し、今は撤去されて何もない。テント泊も禁止されている(2021年9月現在)。

④先に雲取山に登り、下りの途中で小雲取山に寄るのもいい。雲取山から小雲取山までコースタイムで20分。その先で七ツ石山から鴨沢バス停に下ると約3時間。七ツ石山からJR奥多摩駅まで歩くと約6時間かかる。いずれも、休憩時間は含まない。

※雲取山の記事は、こちら

50音順インデックス
エリア別インデックス

12月の雲取山【雲取山】東京の最高地点から奥多摩と奥秩父の山々を望む絶景

富士山タイトル写真1【富士山】日本最高所の全天球パノラマ写真と御来光の絶景

関連記事

  1. 北岳ノ肩タイトル写真1

    【北岳ノ肩】標高3000mの稜線が朝日に染まる絶…

    北岳の山頂北側に、北岳肩ノ小屋という山小屋があります。小屋の前から、南アル…

  2. 甲斐駒ヶ岳

    【甲斐駒ヶ岳】とても格好いい、南アルプス最北の百…

    山梨と長野の県境にある甲斐駒ヶ岳は、南アルプスのなかで最も北にある百名山。…

  3. 上高地写真1

    【上高地】槍穂の玄関口、河童橋から吊尾根を望む絶…

    山に登らなくても絶景を楽しめる上高地は、北アルプスの南部、長野県松本市にあ…

  4. 金峰山タイトル写真1

    【金峰山】奥秩父の盟主、その山頂で見る五丈石と3…

    山梨県と長野県の境に位置する金峰山は、奥秩父の盟主といわれる名山です。標高…

  5. 12月の雲取山

    【雲取山】東京の最高地点から奥多摩と奥秩父の山々…

    雲取山(くもとりやま)は、東京の西端、埼玉県と山梨県との境にある。東京で唯…

  6. 瑞牆山タイトル写真2

    【瑞牆山】奇抜さナンバーワンの山は頂上の展望も抜…

    山梨県と埼玉県・長野県の境を東西に走る奥秩父山塊。その西端にある瑞牆山(み…

  7. 甲斐駒ヶ岳から見た仙丈ケ岳

    【仙丈ヶ岳】南アルプスの女王の素顔、その山頂から…

    仙丈ヶ岳は、南アルプス北部、北沢峠を挟んで甲斐駒ケ岳と向かいあう百名山で、…

  8. 北岳タイトル写真5

    【北岳】日本第2位の高峰で富士山を眺める絶景

    南アルプス北部の北岳は日本で2番目に高い山。一般的な知名度はイマイチ感があ…

おすすめ記事

  1. 瑞牆山タイトル写真2
  2. 金峰山タイトル写真1
  3. 北岳タイトル写真5
  4. 剱岳タイトル写真4
  5. 槍ヶ岳タイトル写真4
  6. 宝永山アイキャッチ画像
  7. 富士山タイトル写真1
  8. 奥穂高岳と涸沢岳

カテゴリー

PAGE TOP